遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・平日の上野動物園でパンダとかカワウソとか見てきましたレポート。
  •  ・上野の森美術館の『怖い絵展』を鑑賞して恐れおののいて帰ってきました。
  •  ・【動画】段ボールで作る「ジャイアント・レゴマン」の作り方
  •  ・人間に馴れた逃げないオニヤンマ動画2つ。
  •  ・環水平アークかも。さいたま市の上空に虹色の帯を見ました。
  •  ・ステラタウンで空をながめてきた話。
  •  ・ハンバーガーバンズにいろんな具材をはさんで「ナントカバーガー」を食べた記録です。
  •  ・マクドナルドのハンバーガーをモスバーガー風に作り変えて食べましたレポート。
  •  ・惑星探査車みたいなかわいい多足ムカデロボの作り方動画
  •  ・ひふみんがイオン羽生に来るそうです。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
     前のページ 次のページ   --全記事タイトル表示--

    DCモータースピードコントローラを使って出来ることまとめ。

     まさかマブチモーターの回転速度をこんな簡単に変えられるとは思わなかったな~。何に組み込もうかな~。(マブチモーターの回転数をコントロールする方法調べ(中国製スピードコントローラで安く実現できました))。
     というわけで、DCモータースピードコントローラを使って出来ることを、Amazonのカスタマーレビューから拾いだしてまとめました。

    当サイト関連記事:
    【夏休みの工作】小6むすこが『首ふり扇風機』を作りましたレポート。(作り方手順と動画)
    太陽電池でプラレールを走らせる実験です。
    自動うちわマシンを作りました。



     僕が買ったDCモータースピードコントローラは6V~12V用なので家庭用電源100Vのコンセントを使用する機器には使えません。以下に挙げるアイデアを試す場合は、機器の使用電圧に合わせてご使用ください。また、自己責任でお願いいたします。

     Amazonカスタマーレビューより、いろんなアイデアが出てきました。

    ■USB扇風機の風量調整
    パソコンのUSBの電圧は5V(電流は500mA)なので、こないだ買った6V~12Vで動作するスピードコントローラは動作しないかもしれません。あとで試してみたいと思います。


    ■ドリルやミニルーター、ボール盤、旋盤といった電動工具を自作
    タミヤのギヤボックスと小型電気ドリルビットコレット(Amazon)を合わせればミニドリル&ルーターが自作できそうです。このドリルビットコレットの穴径はマブチモーターRE-260RAの軸にはスカスカですがタミヤギヤボックスの回転軸にはピッタリです。これにスピードコントローラを組み込めば完璧、のはず。


    ■キャンピングカーの換気扇/LEDの調光
    自動車のDIYで組み込む例が多いようです。モーターだけでなく、LEDの明るさ調節にも使えるんですね。


    ■鉄道模型
    プラレールに組み込むのも面白そうですね。


    ■リモコン戦車でなめらかなコーナリング
    リモコン戦車は左右のキャタピラ2つにそれぞれモーターが付いていますが、スピードコントローラ2セット組み込んで、左右のキャタピラの速度を微妙に変化させながら走るという、なめらかなコーナリングが実現できるそうです。
    関連:青島文化教材社 1/48 リモコンAFVシリーズ No.4 陸上自衛隊 74式戦車 プラモデル(Amazon)


     その他のアイデアは、動画で見るとわかりやすいので動画をご紹介します。

    カメラの滑らかな移動で撮影できる「モータードライブ4輪操舵デスクトップドリー」です。
    ■DCモータコントローラ/DC Motor controller (DC2~3V) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=b8z9r3LjBGc



    直線的にカメラを移動するカメラスライダーです。スピードコントローラを使えばギヤボックス不要で静かになるかも。
    ■小型カメラ用角パイプ利用電動ドリー - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=wuQ8EDhkgIk



    魚を誘う竿の動作を「しゃくり」と言うそうです。
    ■ワカサギ釣り 自動シャクリ機 2号機 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=D03rgzYjTPw



    卓球サーブマシンです。スピードコントローラで変化球も出来そう。
    ■自作卓球送球マシーン - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=6YmLQ7tAtE4



    水耕栽培の循環水量調整に。
    ■室内で水耕栽培 水中ポンプ編 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=saeMIRkANmg



    自動巻き腕時計のゼンマイを巻くための機械ですね。
    ■ウォッチワインディングマシンの動作 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=Haf5DmRhZuM



    最後までご覧ください。
    ■フィギュア用ターンテーブルを紹介します。 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=Ytc15dzCAp4



     つづいて、以前ブログで記事にした、スピードコントローラが組み込めそうな工作をご紹介します。

    【夏休みの工作】小6むすこが『首ふり扇風機』を作りましたレポート。(作り方手順と動画)
    扇風機に風量調整はやっぱり欲しい機能ですね。


    自動うちわマシンを作りました。
    当然コレも風量調整を付けたいところです。


    暑さ対策に「自作クーラー」が効果的らしいです。
    モバイルバッテリーからのUSBケーブルを剥いてスピードコントローラの電源入力端子へ、USBファンのケーブルを剥いてスピードコントロールのモーター出力端子へつなげばイケそうです。


    そば屋の麺が動くディスプレイ看板を作りました。
    ・・・・・。


     以上、DCモータースピードコントローラを使って出来ることをご紹介しました。さて何から作ろうかな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    マブチモーターの回転数をコントロールする方法調べ(中国製スピードコントローラで安く実現できました)

     マブチモーターを使う工作アイデアがいくつかあり、動作を速くしたり遅くしたりする為、モーターの回転スピードをコントロールしたいと思っています。そんなわけで「マブチモーターの回転数をコントロールする方法」を調べてみたんですが、あっさり解決しました。

    当サイト関連記事:
    【夏休みの工作】小6むすこが『首ふり扇風機』を作りましたレポート。(作り方手順と動画)
    太陽電池でプラレールを走らせる実験です。
    自動うちわマシンを作りました。



     マブチモーターの回転数をコントロールする方法を調べて出てきたページをご紹介します。

    ■モーターの回転速度を制御したい -乾電池2本あるいは3VのACアダプ- その他(ホビー) | 教えて!goo
    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3188870.html
    最初、小型ボリュームという部品をつなげばできるかなと思いましたが、そう簡単にはいかないようです。小型ボリュームは焼き切れてしまうので、制御する回路が必要とのこと。


    ■マブチモーターの回転数をコントロール
    http://www006.upp.so-net.ne.jp/pipio/papa0044.html
    解決にはいたりませんでしたが、途中でさしこまれる食事とインコの画像にウケたのでご紹介(笑)。


    ■PWM with Forward and Reverse. Finally!!! DC motor Speed controller. Simple Circuit. - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=ZD-7GjnNkpg
    DCモーターのスピードコントローラーの作り方動画です。半田ごてで電子工作します。


    ■PWM for HEAVY LOADS!!! Simple Circuits. - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=oTV2OqD29w8
    こちらも同じく電子工作で作る方法です。


     これらのページを見て、電子部品とか買って自作するしかないのかなと思っていたら、モジュールというんですか、完成品が販売されているのを見つけました。

    ■DCモータ・コントローラキット DC Motor Controller 2PK2400: 組立キット 秋月電子通商 電子部品 ネット通販
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00908/
    電池4本用なので6Vで動作するようです。


    ■共立プロダクツ事業所/ワンダーキット/DCモータコントローラSP/DCC-06SP/4900474019590
    http://prod.kyohritsu.com/DCC-06SP.html
    正転/逆転の切替ができるタイプですが価格が高めです。共立エレショップには在庫が無いようですが、楽天市場でみつけました。
    共立電子 DCモータコントローラキットSP:DCC-06SP(楽天)


     そして、Amazonでみつけてしまった格安なDCモーター(直流モーター)スピードコントローラです。
    SODIAL(R)DC 6V-12V 6-10A用のスイッチ速度レギュレータのPWMスピードコントローラDCモータ(Amazon)
    関東への配送料無料で400円以下と、かなりの格安です。中国製で中国発送ですが、注文したら10日前後でちゃんと届きました。

     でもコレ、電圧が6V~12V用なんです。これから使おうとしているマブチモーター「RE-260RA」は使用電圧範囲が1.5~3.0Vなのでモーターが焼けないか心配ですが、短時間だけテストしてみることにしました。


    Amazonで注文した中国製・中国発送のDCモータースピードコントローラが届いたので、このシステムでテストしたいと思います。
    Amazonで注文した中国製・中国発送のDCモータースピードコントローラが届いたので、このシステムでテストしたいと思います。黒い四角のデジタル表示のやつは、同じくAmazonで買った電圧計です。


    こちらが中国製のモータースピードコントローラです。説明書はありませんでした。
    こちらが中国製のモータースピードコントローラです。説明書はありませんでした。価格は400円以下です。関東は送料無料。安すぎる・・・。


    6-12Vと記載されているところに電池ボックスからのプラスの配線をドライバーでしめて配線します。隣はマイナスの配線です。その右の2つは順にモーターのプラスとマイナスをつなげます。
    6-12Vと記載されているところに電池ボックスからのプラスの配線をドライバーでしめて配線します。隣はマイナスの配線です。その右の2つは順にモーターのプラスとマイナスをつなげます。


    配線して、このようになります。黒い四角のデジタル表示のやつは、同じくAmazonで買った電圧計です。
    配線して、このようになります。


    モータースピードコントローラの配線はこのようになっています。左から、電池ボックスのプラス・マイナス、モーターと電圧計のプラス、マイナスです。
    モータースピードコントローラの配線はこのようになっています。左から、電池ボックスのプラス・マイナス、モーターと電圧計のプラス、マイナスです。


    RE-260RAの使用電圧範囲は1.5~3.0Vで、電池ボックスは6Vなので、オーバーしてしまいます。そんなわけで短時間のテストとしました。
    RE-260RAの使用電圧範囲は1.5~3.0Vで、電池ボックスは6Vなので、オーバーしてしまいます。モーターの説明書には「この範囲より高い電圧で使うと過度に発熱したり、寿命が短くなったりします。」とあります。そんなわけで短時間のテストとしました。

    ■マブチモーターRE-260RAの回転速度制御テスト(中国製・中国発送のDCモータースピードコントローラ) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=UJuKGNqfgZs


     このように、安い装置をマブチモーターにつなげるだけで、簡単になめらかな速度制御が出来ました。



     スピードコントローラ以外の部品は下の3つを使用しました。

    uxcell 電池ボックス 電池ホルダー 単3電池ケース 5個入り ブラック ABS 53×50×12mm 4×1.5V単3電池用 単3形*4本 6V用 (Amazon)
    5個入りでこの価格は安い。中国製・中国発送ですが10日前後でちゃんと届きました。

    KKHMF 赤 DC3.2V-30V デジタル電圧計 適用6V 12V 電気自動車オートバイ(Amazon)
    こちらも中国製で中国発送ですが同じく10日前後で届きました。

    モーター RE-260RA(Amazon)
    マブチモーターはAmazonでは価格が高いようです。

    ■マブチの工作用モーター | Let's Motorize!
    https://www.mabuchi-motor.co.jp/motorize/branch/motor/


     あとになって、電圧3Vから作動するスピードコントロールを探しあて、またまた注文しました。不良品が含まれる可能性も考えてという意味もありますが、安いこともあって、3つも。何かの工作で使いたいと思います。
    Rasbee 5Aミニ DC モータ PWM 速度コント ローラー 3V-35V スピード コントロール スイッチ LED 調光器 1個 [並行輸入品] (Amazon)



     以上、中国製・中国発送のスピードコントローラーでマブチモーターの回転速度制御テストを行なったようすをご紹介しました。いろんな工作に応用できそうです。ちなみに僕はこんな電子部品をいじる実験が大好きです。テンション上がる。


     つづきです。→DCモータースピードコントローラを使って出来ることまとめ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゾンビが這うオモチャがおもしろい。(動画あり)

     YouTubeでおもしろいオモチャを見つけたのでご紹介します。電動で這うゾンビ人形です。振動や音をセンサーで感知すると20秒間ほどうめきながら這います。

    当サイト関連記事:
    シャツ引っぱるな2017 お化け屋敷に入ってきましたレポート。イオンモール佐野新都市/道の駅どまんなかたぬま
    久喜高校の文化祭に行ってきました。お化け屋敷はどんな感じだったかレポート。
    歩き回る恐怖の手首「運命の手」のレビューと動画



    ■這う ハイハイ ゾンビ① - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=0O3zZIOcI88


     うまい具合に廊下のかどを曲がってこちらに這ってきましたね(笑)。このゾンビはけっこう大きな人形で、手から足までの長さが約1メートルもあるのでリアルな不気味さが感じられるようです。

     仕組みはよくあるクランク機構を利用していると思われます。よく見ると腕だけ動くのではなく、足も連動して動いて這う仕組みになっているようです。

     こちらの2つの4足歩行ロボットの動画にあるような仕組みかなと思います。
    ■4足歩行(てこクランク機構) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=p2ZQLmhfcW8

    ■1モーターリンクロボット 4足歩行β型 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=OKC6tgoFRP4


     こうして仕組みを想像していると、いつものクセで夏休みの自由工作のことを考えてしまいます。この這うゾンビ人形を真似して作ったらウケるだろうな~。



     以上、たまたま見つけた「這うゾンビ人形」をご紹介しました。角を曲がってこっちに這ってくるようすは絶妙でしたね(笑)。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

     前のページ 次のページ