遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • だってここまで来たら行くしかないじゃん、といった無茶っぷりがすごい離陸と着陸
  • 2021年ですがニンテンドーDSシリーズの開封動画を見ると感慨深い件。
  • ガンプラごっこ遊び動画
  • 養老の星 幸ちゃん『いいわけ/シャ乱Q』にはフルバージョンが存在する。
  • コレジャナイししおどし動画
  • 雪を蹴散らしてドリフトしまくる雪上ゴーカートレースが楽しそうです。
  • 高校野球でラリーX
  • 1968年生まれのお父さんのアーケードゲームの思い出
  • PC-8001でラリーXのBGMが鳴る。
  • 俺の久喜駅カーネルサンダースフォルダが火を噴くときが来たぜ!
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    おどろくべき昆虫の擬態。

     こないだ公園で擬態してるような蛾を見つけて写真を撮ってきましたが、世の中の昆虫たちの擬態はそんなものではないんですね。調べてみてブットビました。

    当サイト関連記事:
    捕ったカミキリムシをネット図鑑で調べたらニセビロウドカミキリでした。
    カマキリに似てるけどカマキリじゃない?「カマキリモドキ」と「ミズカマキリ」



    ニセビロウドカミキリ・・・と思われます。埼玉県春日部市の内牧公園で捕まえました。上記、当サイト関連記事のニセビロウドカミキリ画像を再掲。木と同じ色なので見つけづらいです。






    擬態した蛾・その1木の皮の柄とちがう模様なのですぐに見つかりますが、擬態と言えるのではないでしょうか。




    擬態した蛾・その2木の白っぽいところに近いと思います。ちょっと離れて見ると見つけづらいですね。





    ■虫の写真図鑑 Cyber昆虫図鑑 分類 チョウ目(蝶・蛾の仲間)
    http://www.insects.jp/konbunrin.htm
    個人的にご飯がマズくなりそうな画像がたくさんあります。そんなわけで上に掲載した蛾の種類は調べてません(笑)。


    ■フマキッズこども研究所 - 虫の研究室 - 虫はかせに聞いてみよう
    http://www.fuma-club.jp/mushi/hakase/kidsfaq020s.asp?ATRB=10&CAT=10010
    チョウ・ガについてのQ&A集です。ご飯を食べてから読んだほうがいいかもしれません(笑)。



     ここから「擬態」についてのリンク集です。

    擬態 - Wikipedia
    蟻に擬態したアリグモに驚きました。アリンコそのものではないですか。すごく不思議。アリに似ていることでどのようなメリットがあり、またどのような行動をするのかは議論が分かれているそうで、確かな観察例が出てくることを期待します。


    ■昆虫の擬態 - [小さなペット]All About
    http://allabout.co.jp/pet/smallanimal/closeup/CU20070428A/
    ナナフシは妻が子どもの頃に自宅近辺でよく見たそうです。僕は見たことがないんですよね。うらやましいです。
    「隠蔽的擬態(いんぺいてきぎたい)」「標識的擬態(ひょうしきてきぎたい)」「攻撃擬態(こうげきぎたい)」について解説されてます。標識的擬態についてはWikipediaには書いていないようなので、こちらのページで隠蔽的擬態と標識的擬態のちがいをご覧ください。


    ■擬態 - 海野和男のデジタル昆虫記 - 環境goo
    http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/photo/mimicry/
    枯れ葉、木の枝、苔(こけ)、木の幹、緑の葉、それぞれにカムフラージュした虫たちのフォトギャラリーです。どこにかくれているのかわかりますか?

    今日も擬態したウスバカゲロウの幼虫
    体に苔が付着して擬態しています。これはすごい。
    ウスバカゲロウの幼虫とはアリジゴクのことですね。以前、僕も飼ってました。そのアリジゴクがこんな擬態をするなんて知りませんでしたよ。
    ウスバカゲロウ - Wikipedia

    当サイト関連記事:
    アリジゴクの飼い方・育て方


    ■海野和男のデジタル昆虫記 - 環境goo
    http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/
    上記サイトのトップページです。デジタルカメラで昆虫を上手に撮影するテクニックなど、昆虫をテーマにした自由研究をやるときに役立ちそうです。


    ■擬態について - 教えて!goo
    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa660263.html
    昆虫たちがどのようにして擬態するようになったのか、という質問に対しての回答です。敵から身を守るために獲得した(進化した)、のではなく、捕食者から発見されにくい容姿の個体だけが生き残っていった、という考え方。虫自身の意思で変化していったわけではなく自然淘汰の結果、という考え方が一般的なんだそうです。気が遠くなりそうなテーマです・・・。


     夏休みの自由研究に昆虫の擬態をテーマにするのはどうでしょうか。ちょっと難易度が高そうですが、それだけやりがいがありそうです。





    関連:
    昆虫の擬態

    海野和男のさがしてムシハカセ(1)


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/763-6746c2ff

     

      ブログパーツ