遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • 上野駅「茨城産直市」にて、アライッペとムコナくんと水戸黄門様がいました。
  • 高3むすめが中国製の液晶ペンタブレットでスプラ絵を描く動画
  • 令和の「令」の漢字の書き方はどっちでもいいのか調べました。
  • GW初日はどこもガラガラ説。栃木県の蓬山フィッシングセンターは貸切状態でした。
  • 令和元年いっぱつめ、高3むすめにガンキャノンを描いてもらいました。ドッカーン!!
  • 令和元年最初のブログ更新は「い」にしました。
  • 平成最後のブログ更新は「あ」にしました。
  • 【行けばよかった…】GW10連休初日のディズニーランドがガラガラだったそうです。
  • 「レトロアーケード」は改造すると1つの本体で5種類のゲームが遊べるようになるらしいです(初期ロットのみ)。
  • レトロゲーム内蔵ポータブルゲーム機のAmazonカスタマーレビューの日本語が変テコリンなんです。
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    本当に滑れるウォータースライダーの作り方

     ウォータースライダーの作り方を紹介している動画や画像を集めました。屋根から斜面を作ったりブルドーザーを繰り出したり、海外はやることが大きいですね~。

    当サイト関連記事:
    関東のレジャープール一覧
    人力でプール・サーフィン
    プールでやってみる? 忍者のワザ、水の上を歩く水面歩行術の方法いろいろ



     それでは、ウォータースライダーの作り方をどうぞ。

    ■163mもの巨大絶叫ウォータースライダーを自作 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ
    http://www.gizmodo.jp/2007/08/163m.html
    ブルドーザーで山の斜面をきれいに整えて、ブルーシートをしいて水を流してと。滑り降りる先はちょっぴりドロ水なのがどうにも。最後の画像は頭から突っ込んでいくところですね。ナンマンダブ。


     次は小太郎ぶろぐより5つの手作りウォータースライダーをどうぞ。

    ■自宅で手軽にウォータースライダーを楽しむ方法:小太郎ぶろぐ
    http://www.kotaro269.com/archives/50408688.html
    屋根にこさえた60°の急斜面からスタートです。ジャンプした先のビニールプールに見事にドボン!!


    ■自宅で手軽にウォータースライダーを楽しむ方法 その2:小太郎ぶろぐ
    http://www.kotaro269.com/archives/50442344.html
    本格的に骨組みを組み立て、板を張り、シートを敷いて完成。


    ■でかくて長い手作りウォータースライダー:小太郎ぶろぐ
    http://www.kotaro269.com/archives/50515852.html
    丘の斜面に敷いたビニールシートをすべってビニールプールにドボン。長い!!


    ■ビーチにビニール袋で作った即興の滑り台をボートで引いてハイスピード滑走:小太郎ぶろぐ
    http://www.kotaro269.com/archives/50656988.html
    こちらは湖かな? 斜面にビニールシートを敷いてボートで引っぱって(トーイング)スピードアップしてます。


    ■100ヤードの手作り巨大ウォータースライダー:小太郎ぶろぐ
    http://www.kotaro269.com/archives/50681269.html
    すごく長いウォータースライダー。100ヤードは91メートルとちょっととのこと。そんな、長ければいいっもんでは・・・あるね!!



    関連:部活で大活躍できる!水泳最強のポイント50(楽天)


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    初めまして、私は沖縄の近くの離島に住んで居ます。島には年間3万人程度観光客が来ますが特にコレと言ってレジャー施設、ショッピング、飲食街がない為せっかく来島された皆様には残念な思いをさているのではと思います。そこで唯一自慢出来る海で楽しんで頂こうとウォータースライダーを思い付いたのですが、知識が無いので手作りで出来る様な物があればと思います。ちなみに滑降距離20~30mを考えています。

    Mr.919YouCanさん

    Mr.919YouCanさん、コメントありがとうございます。
    ウォータースライダーを観光客のみなさんに楽しんでもらおうというのは良いアイデアだと思います。手っ取り早く作るとしたら、ビニールシート(ブルーシートなど)の活用でしょうか。
    あと、地面がすべるのに適した傾斜のある斜面なら、そこに板などを敷いてビニールシートを張る、という感じでしょうけど、そういう所に設置するのではない場合は、記事内に紹介した動画のように、きちんと台座を組んで、というやり方になると思います。
    いろいろ書きましたが、申し訳ありませんがこちら素人なものでよく分かりませんです。

    • 2008/08/07(木) 01:08:45 |
    • URL |
    • uronpoi #-
    • [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/759-7c7187fe

     

      ブログパーツ