遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • うちの猫リンスコダンゴのバレンタインデーは特に何もありませんでした。
  • 御徒町「西口やきとん」で皿ナンコツ食べてホッピー飲んできましたレポート。
  • 節分に鬼になるネコの動画
  • 「肉の大山」のメンチカツ食べてから秋葉原をうろつきガンダムカフェでおみやげ買ってきました。
  • 思わず保存した役立つリンク集2018
  • クロマキーとかおじいちゃんとか駆使したガンプラコマ撮り作品の新作きた~!!
  • 上野もつ焼『大統領』テラス席からの眺めです。
  • 鷲宮神社で『1日外出録ハンチョウ』の絵馬を書いてきました。
  • そば目線の動画がジワジワくるのでぜひご覧ください。
  • 【ビクッとくる画像】おばあさんだと思った。
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    カマキリの知識と飼い方

     子どもの頃にカマキリとバッタを捕まえてきて飼ったことがありますが、すぐに飽きてしまって中途半端な飼い方になってしまった思い出があります。そのなかのエピソードをご紹介します。

    【エピソード1】
     5~6匹のカマキリを居間に放しておいたら虫かごに回収するときに数が足りずそのまま放置したところ、数日後に壁にカマキリの卵を発見。暖かい部屋でかんちがいしたカマキリの幼虫が冬なのにワンサカ出てきて大騒ぎになった。

    【エピソード2】
     虫かごのなかにカマキリを数匹いれておいたら共食いしてしまい、一匹のメスが上半身と下半身に分離させられてしまった。しばらく上半身、下半身とも生きていたが、数日後上半身がお亡くなりになった。そのまた数日後、虫かごに卵を産み付けられているのを発見。カマキリは下半身のみの状態でも卵を産めることを確認した。

     というわけで正しいカマキリの飼い方をご紹介します。

    当サイト関連記事:
    カマキリの産卵シーン動画です。
    「カマキリこっち見んな。」の画像と動画をごらんください。
    カマキリの幼虫の画像です。
    モズの早贄(はやにえ)とは



    ■カマキリ
    http://ikimono.ciao.jp/kamakiri/kamakiri.html
    (教室生き物ワールド)
    エサをつかまえるのが大変ですが、どうしてもエサを捕まえられない場合は、インターネットで買えるコオロギを与えることもできますね(下記関連参照)。
    カマキリは生きたこん虫しか食べません。
    生きた昆虫しか食べません、となっていますが、下に紹するサイトで、食べ残しのエサを食べたという報告があります。


    ■Atmantis - カマキリを飼おう
    http://homepage3.nifty.com/mantis/
    「飼育あれこれ」→「目」の項目をどうぞ。食べ残した死んだ虫をひろって食べたとの報告が。
    また、「ヒシムネカレハカマキリの飼育」に飼育方法が紹介されてます。釣具店で売っているサシやブドウムシ、小鳥屋で売っているミールワームをエサにできるそうです。エサの心配はないようですね。



     カマキリも水を飲むんですね。これらのカマキリの育て方を参考にして、捕まえられたら飼ってみたいと思います。卵を産んでくれたらうれしいなぁ。





    関連:
    イースター コオロギ 40g

    ヨーロッパイエコオロギ S 100匹

    カマキリは大雪を知っていた


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/596-a7f0e2fa

     

      ブログパーツ