遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • 上野アメ横 居酒屋「かのや」で飲みましたレポート。
  • 谷中銀座でメンチカツ食べて上野まで歩いて電柱に「あかんべえ」されたお出かけレポート。
  • 100円ショップのUSB延長ケーブルばかり買ってしまう理由
  • 高3むすめのコンビニ買い物レシートを見て「あだ名つけられてるぞ」と思った件。
  • 【上野】人気の甘味処 あんみつの「みはし」で食べてきました。
  • 【わかるわかる】幼い子どもが寝るときの物凄い波動の話。
  • 上野「肉の大山」で肉たべましたレポート。(大山ステーキ、大山ハンバーグ、鶏モモ唐揚)
  • 商品画像に笑っちゃう、ノズルが4つもあるウォーターガン。
  • 呼び込み君の弾き方動画をみつけました。
  • 中国メーカーのポータブルラジオXHDATA D-328を買いました。(FM・中波・短波/MP3再生機能付)
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    夏休みの工作に『卓上プラネタリウム』

     紙などで作れるプラネタリウムをご紹介します。手作りプラネタリウムというと「大人の科学マガジン09号」がありますが、自分で材料をそろえて作る卓上プラネタリウム、夏休みの自由工作にいかがでしょうか。こんなの作って持っていったらカッコいいですよ~。

    当サイト関連記事:
    大人の科学マガジン09号・プラネタリウムの工作レビュー
    夏休みの工作に『牛乳パックの望遠鏡』
    夏休みの宿題・自由研究に役立つサイト特集 2005年度版
    夏休みの自由研究ラストスパート・リンク集



    ■卓上プラネタリウム製作講座
    http://www.megastar-net.com/desktopschool/desktopschool.html
    PDF形式の型紙をプリンターで印刷して作ります。地道な作業、星座の孔あけですが、孔をあけたあとにボンドで固めると良いそうですよ。


    ■紙で作るプラネタリウム
    http://homepage3.nifty.com/yamaca/touko2/plnt1/plnt1.html
    (星を見る道具の工房)
    サイト「かとんてっくのページ」で公開されている「たのしいミニ・プラネタリウム」復刻版の型紙を利用して作られてます。

    手作りプラネタリウム
    星の入門書の付録の画像あり。残っていたとはすごいですね。僕んちではこのような子どもの頃のおもちゃなどの思い出の品はみごとに捨てられてしまいました。

    ■かとんてっくのページ
    http://katontech.com/
    PDFファイルの型紙ダウンロードはこちらです。すばらしい出来ですね。


    ■手作りプラネタリウム
    http://rika.jst.go.jp/kyouzai/data/02/02_02/02_02_03/02_02_03_05/02_02_03_05frame.html
    (おもしろ教材がいっぱい)
    正二十面体の形を利用したプラネタリウムですね。PDFファイルの型紙も用意されてます。
    正二十面体 - Wikipedia

    どこかで見たような形だなぁと思ったら、こちらに似てますね。
    大人の科学マガジン(vol.09)
    上の手作りプラネタリウムは正三角形が20枚の「正二十面体」、こちらは正五角形が12枚の「正十二面体」の形が利用されているんですね。

    正十二面体 - Wikipedia


    ■手作りプラネタリウム
    http://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/handmade2004/light/pura/pura.htm
    (OKU Astronomical Institute Home Page)
    塩化ビニル製の半球はどこで手に入れればよいのでしょうか・・・と必死こいて探したところ、下の透明半球が見つかりました。さすが楽天。

    透明半球 Y(2個組1セット)直径20cm
    (追記:現在販売終了しているようで、楽天内の他のショップでも見つかりませんでした。)


    ▼番外
    ■プラネタリウム製作記録
    http://homeplanet.web.infoseek.co.jp/repo/planetarium/planetarium.html
    (法政天文研究会 on the web)
    調理用のアルミボウルの内側をゴム製ハンマーでひたすら叩き続けて製作したという本格的な2球式アルミ製プラネタリウムの製作記録です。夏休みの工作レベルではないですね~。高校生以上の知識は必要かな。
    参考文献に大平貴之氏による「ピンホール式プラネタリウム製作ノウハウ」、「天文愛好会CORE 自作プラネタリウムについて」のリンク有り。



    関連:大人の科学マガジン(プラネタリウム)(楽天)

    カガミ・レンズ・電球・色セロファンで作る光パワー工作の本「科学工作図鑑(3)(楽天)」もおすすめです。

    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/342-87311d98

     

      ブログパーツ