遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  


 最近の記事
  • アニメ「戦闘メカ ザブングル」OPをニンテンドー3DSに自動演奏させてみました。KORG M01D
  • タムラ君が可哀想な動画。(回転遊具クネプフェ高速回転チャレンジ)
  • トラックドライバーを癒す美人事務員さんの動画。
  • ゆっくり走るミニRCトレーラーで車庫入れの練習やりたい。
  • シュガーフィールズのベンチャーズカバー「キャラバン」の再現度がスゴい件。
  • 「グラディウス」や「パロディウスだ!」を攻略する40代父が女子高生娘さんに解説する動画が楽しい。
  • 僕がこのパンに名前を付けるとしたら「バター地獄の粒あんソフトフランス」にする。
  • 電車で何も言わずに誕プレ渡すドッキリほか、面白YouTubeショート動画まとめパート15。
  • エイプリルフールうそ集 - その20
  • ついつい見てしまう「歌舞伎町」「大阪道頓堀」「秋葉原の電器屋オノデン」のライブカメラ
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTubeチャンネル

        --全記事タイトル表示--

    オレんちの伏線が回収された話なんだけど、聞く?

     ネットで「人生で伏線回収された瞬間ってある?」という話題が盛り上がっていたので、うちの伏線が回収された話をしたいと思います。高部知子主演のテレビドラマのタイトルが事の始まりです。

    当サイト関連記事:
    1968年生まれのお父さんのアーケードゲームの思い出
    【画像73枚】2019年ぶらり秋葉原に行ってきましたレポート。スーパーポテトレトロ館ほか。
    PC-6001を懐かしむリンク集



     それさえもおそらくは平凡な日々より。

    「人生で伏線回収された瞬間ってある?」という問いかけに、ほっこりするものからゾッとするものまで沢山の伏線が集まる - Togetter

     いろいろな「伏線回収された瞬間」に驚いたり羨ましかったり感心したりしたわけですが、うちの伏線が回収された話も強烈なのでお話ししたいと思います。。


     僕が高校生の頃だったでしょうか。家族団らんのとき、テレビドラマのタイトルが思い出せない母が言いました。

    「高部知子のドラマ、何ていうんだっけ。ああそうだ、ブロック崩し!」

     ブロック崩しじゃねえよ(笑)。





    「オレんちの伏線」は、約15年後に回収されることになります。





     任天堂ブロック崩しの動画をごらんください。

    TVゲームの黎明期 任天堂ブロック崩し CM 1979年 - YouTube



    任天堂「ブロック崩し」プレイ風景 - YouTube



     僕が小6のとき、兄妹3人のクリスマスプレゼントを一緒にして、このブロック崩しを親にねだって買ってもらったのでした。うれしくて楽しくて遊びまくったものです。

     この数か月前に、家庭のテレビでゲームが出来る“テレビゲーム”が誕生しました。近所の友だちのお誕生日会に呼ばれて行ったら、長方形の棒で四角い球を打ち合うテニスゲームが映り、「なんだコレは!?」。

    テレビゲーム テニスゲーム レトロ - Google 検索

     今考えると単純な内容ですが、“テレビでキャラクターを操作できる”ということに強い衝撃を受けました。その後に発売された「ブロック崩し」のテレビCMを見て、カラフルなブロックにボールを打ち返して破壊し全部消すとゲームクリア、という気持ちのいいルールにも惹かれました。



     僕は中3になり、1983年にテレビドラマ『積木くずし - 親と子の200日戦争』が放送されました。

    積木くずし-親と子の200日戦争-(HDリマスター版)|ドラマ・時代劇|TBSチャンネル - TBS

    高部知子 - Wikipedia



     高部知子のドラマはブロック崩しじゃねえよ(笑)。



     そして僕が結婚して数年後、妻方の親戚と旅行に行くことになったのですが、僕は仕事が休めず、妻と3歳むすめが行くことになりました。

     妻と3歳むすめが出掛けた夜、僕がひとり布団に横になって読書していると、突然「ドカン!! バリバリ!! ガラガラガラガラ!!!!!」と凄まじい衝撃音が鳴り響きました。今まで聞いたことのない、近距離で大きなモノが破壊されて落ちてきた音です。

     いったい何が起きたんだろう。うちの近くでモノが破壊されて、ガラガラ落ちてきた・・・。

     飛行機の墜落か? いや、飛行機が飛んできたような音はしなかった。じゃあ何だ。

     急いで二階の窓から見下ろすと、そこに広がっていた衝撃の光景とは。



     うちの塀に車が突っ込んでブロック塀が大破壊されていました。






     これが本当のブロック崩し!!



    (おわり)





    ブロック塀改修のすすめ | YKK AP株式会社



    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/3009-2c1633d7

     

      ブログパーツ