デジカメのハイスピード撮影で大失敗の話。

0 0
 かなり前に買ったデジカメですが、富士フイルムのFinePix HS20EXRには「ハイスピード撮影モード」があります。高速度撮影によって、スポーツなどの速い動きをなめらかなスローモーションで再生できる撮影モードです。

 これで大失敗しました。

当サイト関連記事:
【おもしろ猫】動画をアップロードしました。『風呂掃除と猫』
妻が飼い猫に付けたアダ名の意味がヤバイ。
うちの猫の動画が出来ました。



 こないだの小学校の運動会に妻がFinePix HS20EXRを持っていきました。そして小6むすこの鼓笛隊の晴れ姿を動画で撮りました。しかしあとで確認すると、

リコーダーを吹く小6むすこが全編スローモーションで映っていました。

 デジカメの扱いに慣れてない妻に渡す前に、動画モードを切り替えておくのを忘れていました。ちなみにハイスピード撮影モードは無音で撮られます。



 ちなみにですが。

FinePix HS20EXR ハイスピード撮影モードに切り替える方法
FinePix HS20EXRでハイスピード撮影モードに切り替える方法です。撮影メニューから動画モードを選択します。ここで十字ボタンの右を押したのが次の画像。


FinePix HS20EXR ハイスピード撮影モードに切り替える方法
1秒あたりのコマ数は「fps」で表されます。320fpsは1秒間に320枚の静止画のつながりで撮影されて、その動画を再生すると、ものすごくゆっくりでなめらかなスロー再生になります。
それから、上から3つの30fpsのモードは音声も入りますが、80fpsから320fpsのモードは音声無しの無音で撮影されます。


FinePix HS20EXR 赤い動画撮影ボタン
この赤いボタンを押すと動画撮影開始、もういちど押して停止になります。320fpsに設定したままにしておくと、起動して動画撮影開始ボタンを押せば毎回320fpsで撮影されます。

 そんなわけで鼓笛隊の演奏が、超スローの無音で撮影されたのでした。鼓笛隊の映像が「無音のスロー」でしか見られないのは泣けるというよりもむしろ大爆笑でしたが。

 でもふつうにビデオカメラを持っていくようにすればよかったな(笑)。


関連記事
ページトップ