遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・DCモータースピードコントローラを使って出来ることまとめ。
  •  ・マブチモーターの回転数をコントロールする方法調べ(中国製スピードコントローラで安く実現できました)
  •  ・猫用かぶりものがいろいろありすぎる件。
  •  ・デジカメのハイスピード撮影で大失敗の話。
  •  ・【自作】うちにあるニンテンドースイッチはこちらになります。
  •  ・大江戸線で東京タワーに行ってクレープ食べて帰ってきました。
  •  ・回旋塔ほか、8ミリフィルムカメラで撮影された「昭和の小学校校庭の遊具」の動画
  •  ・【ハンバーガーうまそう】世界一ハンバーガーをおいしそうに食べる1歳児が8歳になるまでの動画集。
  •  ・早く回しすぎだろ(笑)。世界各地の高速回転な観覧車をごらんください。
  •  ・きかんしゃトーマスのチューイングキャンディの包み紙を見てみよう。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    暑さ対策に「自作クーラー」が効果的らしいです。

     車中泊をする方々で話題になっている暑さ対策グッズ「自作クーラー」をご紹介します。小型で軽くて持ち運び楽チン、低コストで簡単に自作できる冷房装置です。
     作り方を見るとなるほど、冷風を送ってくれる仕組みは単純で誰でも作れそうです。YouTubeで見つけた自作クーラーの作り方動画をごらんください。

    当サイト関連記事:
    【夏休みの工作】首振り付き扇風機の作り方参考動画を集めました。
    今年の夏は涼しい工作で乗り切ってみる? 氷で無理矢理エアコン、首ふり機構付き扇風機ほか、作り方動画集。
    自動うちわマシンを作りました。



     2つの作り方動画をご紹介します。USB接続のファンと発泡スチロールのクーラーボックスを使った工作で、仕組みは同じです。電源はモバイルバッテリー、冷却材は保冷剤または氷を使用します。
    【注意】ドライアイスは酸欠事故の危険があります。必ず「保冷剤」か「氷」を使用しましょう。

    ■【車中泊で使える】自作 低コスト車載用ポータブル冷風機 作製 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=kYLNGrGdfqQ

    あらかじめ冷凍庫で冷やした保冷剤をクーラーボックスに入れ、電源を入れると吹出し口から冷風が出てくるという仕組みです。
    送風穴は、外気の取り入れ口を大きめにして、冷風吹出し口は小さめにすると良いようです。また、動画ではファンの取り付けはネジを使用していますが、発泡スチロールにネジ留めはゆるむ心配があるので、固定したネジの周りにホットボンドで補強するなど工夫するとよいですね。
    閉め切った車内はウンと気温が上昇するものなので、外気温20℃のところ1時間で車内が19℃に下がったということは、十分に効果的と言えますね。


    ■【車中泊快適化】自作ポータブルクーラーが快適すぎ!【X-trail エクストレイル T32】 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=rPC2DBiwOYQ

    こちらは「ガラリ」という送風口用の部品を使っています。こちらのほうが風の出口が狭まるのでさらに冷風が出やすくなるのかもしれません。この「ガラリ」という部品は細い板を斜めに配置しているだけの単純構造なので、厚紙やプラ板で自作しても良さそうです。
    実証実験では車内温度が2.9℃下がっています。数値としてはあまり効果がなさそうに見えますが、人間の体感としては十分効果があると感じるのではないでしょうか。せまい車内だからこそ効果が出るんですね。


     材料はすべてAmazonでも入手可能です。USBファンは、タワー型パソコンの冷却用ファンみたいなタイプがUSB接続になっている商品があるんですね。

    キャプテンスタッグ クーラーボックス 発泡スチロールM-8169 (Amazon)


     クーラーボックスの「よく一緒に購入されている商品」や、「この商品を見た後に買っているのは?」に紹介されている物にUSBファンとガラリが含まれていますけど、自作クーラー用の買い物だと分かる人は気付いても分からない人にはまったく謎だと思います(笑)。

     必要な材料を以下にまとめます。

    ・発泡スチロールのクーラーボックス
    ・USBファン
    ・ガラリ
    ・保冷剤
    ・モバイルバッテリー

     ゼロから材料を集めると、費用は大きく見積もって5000円というところでしょうか。発泡スチロールのクーラーボックスは廃材でも良いし、ガラリも自作できそうなので、なるべく費用を抑えて作りたいと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2344-2568a42f