遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・早く回しすぎだろ(笑)。世界各地の高速回転な観覧車をごらんください。
  •  ・きかんしゃトーマスのチューイングキャンディの包み紙を見てみよう。
  •  ・ゾンビが這うオモチャがおもしろい。(動画あり)
  •  ・シャツ引っぱるな2017 お化け屋敷に入ってきましたレポート。イオンモール佐野新都市/道の駅どまんなかたぬま
  •  ・【おもしろ猫】動画をアップロードしました。『風呂掃除と猫』
  •  ・甲子園初優勝の感動を再び! 花咲徳栄高校の「応援歌メドレー」の動画を見てみよう。
  •  ・【夏休みの工作】小6むすこが『首ふり扇風機』を作りましたレポート。(作り方手順と動画)
  •  ・保冷剤とコカコーラのペットボトルラベル(氷のイラストが入ってるバージョン)を使ったハウツー
  •  ・霧吹きの水を飲むアマガエルほか、かわいいアマガエル動画を集めました。
  •  ・きのこの山のサンドイッチを作ってみました。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    かわいいカタツムリの赤ちゃん誕生の瞬間。びっくりな産卵シーンもあります。

     カタツムリの赤ちゃんが卵からかえる様子はこんな感じなんですね。小さな卵から、これまた小さなカタツムリの赤ちゃんが殻をやぶって出てくる可愛い動画です。びっくりな産卵シーンと合わせてご紹介します。

    当サイト関連記事:
    古河総合公園の散歩コースと昆虫
    教室で飼える生き物の飼い方サイトがすごい。
    蓬山フィッシングセンターで魚釣りしながら昆虫観察。ヒグラシが鳴いてました。



     卵から誕生までは約30日だそうです。

    ■「かたつむり」卵から誕生まで! - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=3DN0KVRVdDM

    透明な殻付きで生まれてくる、めずらしい左巻きの殻をもった可愛いカタツムリの赤ちゃんです。ぜひYouTubeの設定(歯車マーク)から720pの高画質でごらんください。
    カタツムリの赤ちゃんは、卵の殻を食べながら出てくるんですね。ちなみに余談ですが、ナナフシも脱皮のときは自分の抜け殻を食べてしまいます。
    ナナフシは脱皮すると抜け殻を食べるんです。(動画あり)


     こちらにもカタツムリの赤ちゃん誕生の瞬間をとらえた貴重なシーンがありました。

    ■かたつむり誕生! - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=1gYFhV2biKo

    たくさん出てきた~。


     1円玉と大きさ比較。これは分かりやすいですね!

    ■カタツムリの赤ちゃんが生まれた! - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=ki1x_zkWy3c

    「はぁ~カワイイ~・・・」
    本当にカワイイなという感情がこもっていてなごみました(笑)。


     最後にこちら。びっくりなカタツムリの産卵シーンです。
     以下、閲覧注意でお願いいたします。

    ■びっくり!カタツムリの産卵 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=IeqnMw2Guj8

    なんでそこから出てくるんだーッ的なカタツムリの産卵シーンでした。
    動画コメント欄によると、カタツムリはホッペの横あたりにある生殖器から産卵するとのことです。知らなかった・・・。


     交尾についても調べてみました。

    ■かたつむりの交尾
    http://www.hayashidahiroyuki.com/denden/
    カタツムリの交尾と、産卵から孵化までの記録です。


    ■カタツムリの交尾 - 木村一貴のサイト(Kazuki Kimura's web site)
    https://sites.google.com/site/kimurakazukinoayumi/katatsumurinokoubi
    カタツムリの交尾についての詳しい解説です。穴があるわけではない場所に、生殖器をグサッと刺すそうです。そして、カタツムリはオスとメスの両方の性質を持つ雌雄同体なので、お互いに生殖器を刺し合うというかたちになるわけですね。勉強になりました。

     カタツムリと似ているナメクジのほうも調べてみたところ、交尾中に青い粘着性の物質を出すなど違う部分があるようです。進化の過程でどのように仕組みが枝分かれしていったのか不思議ですね。

     以上、カタツムリの赤ちゃん誕生の瞬間や産卵シーンの動画、交尾についての解説ページをご紹介しました。自由研究の題材としても良さそうですね。

     今まで「カタツムリを飼育する」ということを思い付かなかったことが悔やまれます。今度みつけたら飼ってみようと思います。最近、カタツムリはなかなか見つけられないですけどね。あちこち散歩中に気にしてみよう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2338-93675cbb