遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・すごい着陸動画まとめ。
  •  ・手をふるマダム人形の動く手の仕組みを考えてみました。
  •  ・妻が飼い猫に付けたアダ名の意味がヤバイ。
  •  ・歯科衛生士さんのお腹が鳴るのは日常茶飯事のようです。お腹の音を防止する方法調べ。
  •  ・歯科衛生士さんのおなかが「ぐう」と鳴ったときのごまかしテクニック
  •  ・ザクと海老天うどん
  •  ・サトーココノカドー春日部店に行ってみたら、屋上の立体看板が本当にコウモリマークでした。
  •  ・早起きな小学2年生の女の子の話。
  •  ・YouTubeで見られる猫のライブカメラまとめ。
  •  ・UFOの写り込み画像を見てみよう。これは本物でしょうか?
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    ウリ坊を近くで見たいなら秩父「道の駅あらかわ」へ行こう。

     「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)の続きです。ウリ坊を見てきました。
     ウリ坊とはイノシシの子供のことです。子供の頃の身体の模様が縞瓜(しまうり)に似ていることから「ウリ坊」と呼ばれているそうです。
    縞瓜 ウリ坊 - Google 検索
     そのウリ坊を近くで見られて、さわれる所があるんです。秩父の「道の駅あらかわ」へ行こう。

    当サイト関連記事:
    蓬山ログビレッジのコテージに宿泊&バーベキューしてきましたレポート。(画像69枚)
    SLパレオエクスプレスが三峰口駅の転車台で方向転換するようすを見てきました。
    意外な場所に発見したアマガエル。(画像あり)



     こちらが道の駅あらかわのウリ坊です。

    道の駅あらかわのウリ坊
    顔を上げてくれた瞬間を激写。この瞬間以外はずっと地面に鼻を押し当てて食べ物を探している感じでした。食いしん坊ですね。


     このウリ坊にはどこで会えるのか、ご説明いたします。

    道の駅あらかわ - Google マップ


    ■秩父路のナビゲーター 道の駅 ちちぶ【道の駅 あらかわ】
    http://www.michinoeki-network.jp/arakawa/


    踏切を渡って左側が「道の駅あらかわ」です。ここの踏切をSLパレオエクスプレスが煙をモクモクさせて通過するのです。
    踏切を渡って左側に赤いテントが見えますが、その赤い屋根の周辺でウリ坊に会えます。


    道の駅あらかわ到着。駐車場に車を停めます。
    道の駅あらかわ到着したら駐車場に車を停めて赤いテントを目指します。


    駐車場に車を停めて、道の駅あらかわ農産物直売所へ。
    ここは道の駅あらかわ農産物直売所。この右側にレストラン「鈴ひろ庵」があり、そこでウリ坊が飼われています。


    ウリ坊は、レストラン「鈴ひろ庵」の外の赤いテントのところにいると教えてもらいました。どこだウリ坊。
    農産物直売所で、ウリ坊はレストラン「鈴ひろ庵」の外の赤いテントのところにいると教えてもらいました。どこだウリ坊。


    道の駅あらかわのウリ坊、いた!!
    ウリ坊、いた!!



     というわけでウリ坊です。

    道の駅あらかわにいるウリ坊です。イノシシのしっぽは細く短くチョコンと生えていて可愛いです。
    しっぽは細く短くチョコンと生えていて可愛いです。


    ウリ坊は触っても大丈夫です。ウリ坊は触っても良いそうです。

     そんな可愛いウリ坊ですけど、大人になると怖い顔になってしまうんですよね・・・。
    イノシシ - Wikipedia


     最後に動画をご覧ください。

    ■イノシシの子供「ウリ坊」に触れる - Touch a wild boar child in Japan - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=_Ln9TRbseSw


     お店のオジサンが「連れて帰って鍋に入れて食べちゃえ」なんてブラックジョークを飛ばしていましたけれども、もし家でウリ坊を飼うことになったらと想像してみると、犬や猫と違ってそれはそれは物凄い覚悟がいるだろうなぁと、冷や汗をかく思いなのでした。

     さばけないよ~!



    (そういうことじゃなくて?)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2259-9e86483b