遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・スコティッシュフォールドの子猫を飼い始めました。(画像あり)
  •  ・先生が怒って職員室に帰っちゃうことは今でもあるらしいです。(小5むすこ談)
  •  ・社会科の公民の授業で『政党の種類』の質問に何と答えたか? 中3むすめの珍回答。
  •  ・養生技術がすごい塗装職人さんの解説動画。
  •  ・中3むすめのクラスで5時間目の社会の先生が来ない事件。生徒たちはどんな反応をしたか?
  •  ・弁当や惣菜の『おつとめ品』についてのQ&Aリンク集
  •  ・おつとめ品ほか、スーパーで衝動買いしたときの画像が出てきました。
  •  ・中華料理屋さんの見事な腕前、手際の良さを見まくる動画集。
  •  ・【夏休みの工作】なるほどね! トグルスイッチの組み合わせがカギの金庫。
  •  ・北陸新幹線が見放題。金沢駅ライブカメラがあるよー。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    【夏休みの工作】小5むすこがATM貯金箱を作りましたレポート。

     【夏休みの工作・アイデア貯金箱】段ボールや空き箱で作るATM貯金箱の作り方動画があるよ。でご紹介したATM貯金箱の作り方動画を参考に小5むすこが作りました。飾り付けはまだなので未完成ですが、どのような作品かご紹介したいと思います。

    当サイト関連記事:
    小学生がすごいの作った!「タミヤ 夏の工作コンテスト」の作品を参考にしよう。
    他の人とはちがう夏休みの工作アイデアひねり出しまとめ
    自動うちわマシンを作りました。



    夏休みの工作で小5むすこが「ATM貯金箱」を作りました。
    夏休みの工作で小5むすこが作った「ATM貯金箱」です。箱が頑丈な大きめのティッシュを買ってきて、箱を解体して中身を抜き取って本体に使い、全体に銀色のガムテープを貼り付けています。カードは、クレジットカードの大きさに合わせて切り抜いた工作用紙を2枚重ねて糊付けして作りました。


    ATM貯金箱の中の構造
    分かりづらいですが中身の構造はこのようになっています。画像は、お金の出口をカッターナイフで切り取っているところです。
    最初にティッシュ箱を解体して、中の仕組みを作ります。小銭は入口から入って筒を通り、取り付けた段ボールのところで止まって貯まるようになっています。
    筒はトイレットペーパーの芯を使いましたが、太すぎるので縦に切って筒の大きさを500円玉より少し大きい程度にしてホチキスで止めて、筒は本体に糊付けします。また、段ボールと筒の間にはカッターナイフでカード挿入口の穴を開けてあります。
    筒の糊付けや段ボールの取り付けにはグルーガンを使いました。ホットボンドとも呼ばれていますね。すぐに固まるので便利です。
    ホットメルト接着剤 - Wikipedia



    小銭投入口からお金を入れると中の筒に貯まっていきます。
    近くで見ると雑さがよく分かりますが(笑)、箱の上には小銭挿入口を空けてあります。その直下に筒を取り付けるわけです。


    お金を出したいときは、正面上側のカード挿入口にATMカードを入れると下の取り出し口からお金が出てきます。
    お金を出したいときは、正面上側のカード挿入口にATMカードを入れると下の取り出し口からお金が出てきます。


    カードを入れるとこのようにお金が滑り出てきます。お金の種類は10円玉でも500円玉でも混合可能ですが、出すときはやはりランダムに出てきます。
    カードを入れるとこのようにお金が滑り出てきます。お金の種類は10円玉でも500円玉でも混合可能ですが、出すときはやはりランダムに出てきます。


    ATM貯金箱を下からお金取り出し口を覗くとこのようになっています。筒の中の小銭が下から順にカードで押されて滑り台から滑り落ちてくる仕組みです。
    ATM貯金箱を下からお金取り出し口を覗くとこのようになっています。筒の中の小銭が下から順にカードで押されて滑り台から滑り落ちてくる仕組みです。


    ATM貯金箱の図解です。小銭投入口から入れたお金は筒に蓄えられて、カードを入れると一番下の小銭が押し出されて落ちてくる仕組みです。
    ATM貯金箱の図解です。小銭投入口から入れたお金は筒に蓄えられて、カードを入れると一番下の小銭が押し出されて落ちてくる仕組みです。
    図では筒が右側の壁に接着されていませんが、実際の作品は接着してあって、筒の下にカードが入る隙間があります。


     カードの厚みがお金の厚みとピッタリなら精度が上がるんですが、小5むすこの作品はそのへんも雑なので、カードを入れると小銭がいっぺんに2~3枚出てくることもあります。

     工作に掛かる時間は、飾り付けを含めて1日あれば出来るので、慌てて作る人にはうってつけです。小5むすこは仕組みが完成して安心してしまったのか、あれから放置で夏休みも後半になってしまいました。やる気あんのか(笑)。

     今回の工作は、こちらの記事の3番目の動画を参考にしました。→【夏休みの工作・アイデア貯金箱】段ボールや空き箱で作るATM貯金箱の作り方動画があるよ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2219-f5538248