遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・スコティッシュフォールドの子猫を飼い始めました。(画像あり)
  •  ・先生が怒って職員室に帰っちゃうことは今でもあるらしいです。(小5むすこ談)
  •  ・社会科の公民の授業で『政党の種類』の質問に何と答えたか? 中3むすめの珍回答。
  •  ・養生技術がすごい塗装職人さんの解説動画。
  •  ・中3むすめのクラスで5時間目の社会の先生が来ない事件。生徒たちはどんな反応をしたか?
  •  ・弁当や惣菜の『おつとめ品』についてのQ&Aリンク集
  •  ・おつとめ品ほか、スーパーで衝動買いしたときの画像が出てきました。
  •  ・中華料理屋さんの見事な腕前、手際の良さを見まくる動画集。
  •  ・【夏休みの工作】なるほどね! トグルスイッチの組み合わせがカギの金庫。
  •  ・北陸新幹線が見放題。金沢駅ライブカメラがあるよー。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    書店で本を買った。

     なにやら当たり前なことを言っていますが、こないだ久々に書店で本を買ったのでこのようなタイトルになりました。最近は便利さに流されてもっぱらAmazonばかり利用していますが、その日、書店で本を買うのもいいものだなと感じたのでした。

    当サイト関連記事:
    『火星の人』を夢中になって読みました。感想です。
    新年早々またUFOを目撃しました。
    釣り人の心霊体験の本「水辺の怪談3」の感想です。



    ジェイムズ・P・ホーガン著 『星を継ぐもの』


     こないだ、ジェイムズ・P・ホーガン著『星を継ぐもの』を大感動のなか読み終えました。月面で発見された宇宙服を着た(!)5万年前の人間の死体。われわれ人間、ホモ・サピエンスの起源。すべての疑問を溶解するダンチェッカーの力説に、「本当のことに思えるけど、これってSF小説だよな・・・」と不思議な気持ちになりました。

     そして、巻末の解説にて『星を継ぐもの』の続編にあたる『ガニメデの優しい巨人』と『巨人たちの星』が紹介されているのを見て、つづきを読みたい衝動にかられるのは当然なのであります。

    『星を継ぐもの』を読み終えて数週間後、イオンレイクタウンに行ったときに、TSUTAYAレイクタウン店の前を通りかかったので、『ガニメデの優しい巨人』を探してみることにしました。

     ざっとSF小説コーナーを探すも数の多さから断念。店内に自分で検索できるコンピュータ端末は無いようだったので、レジで尋ねました。

    「あの~、本を探してほしいんですが」

    「はい、題名をおっしゃってください」


     レジのところにある端末で検索して、目的の本がある書棚まで丁寧に案内してくれました。

     目的の書棚で『ガニメデの優しい巨人』を探すも見つからず。「『ガニメデの優しい巨人』は『星を継ぐもの』の続編にあたるんですが・・・」と言うと、店員さんは「申し訳ありません、少々お待ちください」と謝ってもう一度レジの端末で調べて、また同じ書棚へ。

     僕もいっしょによく探したところ、J・P・ホーガンの札を発見。『星を継ぐもの』と『ガニメデの優しい巨人』の2冊を見つけました。

    「あっ、これですこれです!」

    「あ~2冊ありましたね!『星を継ぐもの』と『ガニメデの優しい巨人』、こちら2冊になります(素敵な笑顔)」


    ジェイムズ・P・ホーガン著 『星を継ぐもの』 『ガニメデの優しい巨人』


     というわけで、美女店員さんに探していただいて『ガニメデの優しい巨人』を買ってきました。店員さんが美女だということは言ってませんでしたっけ。

     というわけで、美女の店員さんとちょっとした連帯感を感じた買い物でした。これからは、ちょくちょく書店を利用していきたいと強めに思います。だれかにスリッパで後頭部をパコーンとされるであろうことは覚悟のうえで。



     余談です。
    『火星の人』を読んで以来、宇宙モノの小説や映画にハマッています。『火星の人』の映画版『オデッセイ』は中3むすめと観ました。映画『ゼロ・グラビティ』はこないだテレビで観ました。
    オデッセイ (映画) - Wikipedia
    ゼロ・グラビティ (映画) - Wikipedia

    『ゼロ・グラビティ』は宇宙空間の描写がすごかったなぁ。次に観たい『インターステラー』を忘れないよう、Amazonのほしい物リストにメモしました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2199-5d2fc5bf