遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・平日の上野動物園でパンダとかカワウソとか見てきましたレポート。
  •  ・上野の森美術館の『怖い絵展』を鑑賞して恐れおののいて帰ってきました。
  •  ・【動画】段ボールで作る「ジャイアント・レゴマン」の作り方
  •  ・人間に馴れた逃げないオニヤンマ動画2つ。
  •  ・環水平アークかも。さいたま市の上空に虹色の帯を見ました。
  •  ・ステラタウンで空をながめてきた話。
  •  ・ハンバーガーバンズにいろんな具材をはさんで「ナントカバーガー」を食べた記録です。
  •  ・マクドナルドのハンバーガーをモスバーガー風に作り変えて食べましたレポート。
  •  ・惑星探査車みたいなかわいい多足ムカデロボの作り方動画
  •  ・ひふみんがイオン羽生に来るそうです。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    大気光学現象のことが詳しいサイトをご紹介します。

     以前に見た環天頂アークや幻日、こないだの薄明光線(光芒)などの大気光学現象を調べたときに利用したサイトをご紹介したいと思います。彩雲やハロとも呼ばれる内暈(うちかさ)、上部タンジェントアークなどの解説もあり、大気光学現象が詳しく分かります。

    当サイト関連記事:
    雲の切れ間から太陽の光がパーッと漏れてるアレ。『薄明光線(光芒)』のすごいやつ画像集。
    太陽の横に虹が出ました。これを「幻日」というそうです。
    彩雲(虹雲)ではなく『環天頂アーク』の画像です。



     大気光学現象がよく分かるこちらの2つのサイトをご紹介します。

    ■大気光学現象(大気光象) -どこまでも空-
    http://www7.plala.or.jp/dokosora/taiki.htm
    環天頂アーク(かんてんちょうアーク)、環水平アーク(かんすいへいアーク)、幻日(げんじつ)、彩雲(さいうん)、虹(にじ)、内暈(うちかさ)/22度ハロ、上部タンジェントアーク、映日、光柱、光芒(薄明光線)と豊富な画像付きで解説されています。
    『光柱』とは、大気中の氷の結晶が人工の光を反射して現れる柱状の光のことだそうです。光源がたくさんあればいくつもの光柱が現れることもあるそうで、もし光柱のことを知らずに目撃したら「ナンダアリャ」とちょっとした騒ぎになりそうです。


    ■大気光学現象
    http://book.geocities.jp/white_rime/halo.htm
    空高くにある巻雲や巻層雲などを形成する六角形をしている『氷晶』がプリズムとして働くことで、大気光学現象が出現するそうです。「60度プリズムと90度プリズム」「太陽高度の高低」「氷晶の形」によって出現する大気光学現象の種類が表にまとめられています。


     当ブログ関連記事のこちら【幻日】1月3日、太陽の横に虹色の光が出現しました。でご紹介した、雲研究者/気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎さんのツイートにある『環天頂アークや幻日の概念図』も分かりやすいのでおすすめです。



    関連:雲の中では何が起こっているのか (BERET SCIENCE)(Amazon)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2169-92bc0b5f