遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・【夏休みの工作】首振り付き扇風機の作り方参考動画を集めました。
  •  ・RYDEEN演奏動画を集めました。KORG MS-20、ニンテンドーDS KORG DS-10、リコーダーほか。
  •  ・気を抜いて見るとヤバイ。衝撃映像『自転車でドブ落ちて死ぬ』がすごい。
  •  ・着ぐるみで人気者になれるレクチャー動画集
  •  ・【折り紙とポップアップカード】あじさいと傘と長靴の折り方動画集。
  •  ・かわいいカタツムリの赤ちゃん誕生の瞬間。びっくりな産卵シーンもあります。
  •  ・妻もウケた『バーベキューコンロ開封レビュー動画』をごらんください。
  •  ・コストコで巨大プッチンプリンを買ってきました。
  •  ・幸手あじさいまつりに行ってきましたレポート。
  •  ・芸なんですかコレ(笑)。動画『パンダの溺れ芸』が面白い。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    ホタル観賞会に参加してきました。(埼玉県宮代町:新しい村)

     6月21日に埼玉県宮代町にある「新しい村」で開催されたホタル観賞会に参加してきました。ホタル観賞会は前日の20日が初日で、その日は1250名も参加者が集まったそうです。

    当サイト関連記事:
    「新しい村」でホタルを見てきましたレポート。
    ホタル鑑賞スポット探し(関東・埼玉近郊)
    埼玉県宮代町「新しい村」で手押しポンプを動かしてきましたレポート。



     ホタル観賞会は、NPO法人「宮代水と緑のネットワーク」が主催のイベントです。

    ■宮代水と緑のネットワーク ホタルの夕べ・観賞会
    http://kouhone.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

    ホタル観賞会に参加してきました。(埼玉県宮代町:新しい村)
    「新しい村」のホタル観賞会の会場の広場です。最初にここに集まってから、みんなでホタルが放流されている小川の周辺まで歩いていきます。


    「新しい村」にある手押しポンプは水が出ます。
    始まるまで時間があったので、広場の端にある手押しポンプで遊びました。最初はスカスカな感じですが、がんばって漕いでいるとちゃんと水が出ますよ。


    ホタル観賞会の会場
    ホタル観賞会の時間が来ました。ステージで代表の方の挨拶があって、ホタルに関するミニクイズがありました。ホタルの寿命や、ホタルは卵や幼虫のときも光るか、などなど。三択クイズでしたが僕は全滅でしたね!(笑)

     クイズ大会が終わり、ホタル観賞の注意事項の説明があったあと、「それではみなさんでホタルを見に行きます」となった直後、唐突に「ウ~~~!!」とハンドスピーカーからサイレンの音が響きわたりました。会場のみなさんが何事かと思っていると、まちがってハンドスピーカーの警報スイッチを押しちゃったとのこと。可愛いオジサンですね(笑)。ホタルを観賞しに行く合図がサイレンの爆音なんて面白すぎる。高校野球か。この日のヒットです。野球だけに。

    ホタルが放流されている田んぼのあぜ道
    そして、ホタルが放流されている田んぼのあぜ道を行きます。少し明るいので光るホタルはまだ見えません。僕はサイレンのことが引っぱってニヤケてます。


    ホタル観賞会。横は田んぼが広がります。田んぼや小川に落ちないよう注意!
    横は田んぼが広がります。暗い中なので田んぼや小川に落ちないよう注意!


    小川の周辺にホタルが放流されています。人の顔が判別できないほど暗くなるころに光り始めます。
    小川の周辺にホタルが放流されています。人の顔が判別できないほど暗くなるころに光り始めます。

     画像はここまで。ホタルの写真は撮れませんでした。最近買ったオリンパスXZ-2のバルブ撮影の機能を使えば撮れたと思いますが、細い道をたくさん人が歩くので、三脚の使用はホタル観賞会が終わった20時30分頃からにして下さいとのことだったので撮れませんでした。もっとも、三脚は家に忘れてきましたけれども(笑)。

    ■充実の基本機能|STYLUS XZ-2|コンパクトデジタルカメラ|オリンパスイメージング
    http://olympus-imaging.jp/product/compact/xz2/feature/index5.html
    ISO100設定時、最長16分までのバルブ撮影が出来るそうです。星空の撮影に適しているので、たぶんホタルも良く撮れると思います。来年またチャンスがあったら、ホタル撮影に挑戦してみようと思います。




     ホタル観賞についての注意事項として、懐中電灯で照らさないように、などの他、ホタルを捕まえて持ち帰らないでください、ということでした。当たり前のことですが、ホタルが自然に育成するように放流していますので、ホタルは捕まえないようにしましょうね。

    ■宮代を変える維新の会 ホタル観賞会
    http://omoideno1969.blog.fc2.com/blog-entry-890.html
    ホタルは光に弱く、街路灯1つがホタル育成のじゃまになってしまうそうです。難しい問題ですが、自然を育む環境が作られていけばいいですね。



    関連:だれでもできるホタル復活大作戦 ぼくらの町にホタルがもどってきた(楽天)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/2044-fe7fd76c