遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・DCモータースピードコントローラを使って出来ることまとめ。
  •  ・マブチモーターの回転数をコントロールする方法調べ(中国製スピードコントローラで安く実現できました)
  •  ・猫用かぶりものがいろいろありすぎる件。
  •  ・デジカメのハイスピード撮影で大失敗の話。
  •  ・【自作】うちにあるニンテンドースイッチはこちらになります。
  •  ・大江戸線で東京タワーに行ってクレープ食べて帰ってきました。
  •  ・回旋塔ほか、8ミリフィルムカメラで撮影された「昭和の小学校校庭の遊具」の動画
  •  ・【ハンバーガーうまそう】世界一ハンバーガーをおいしそうに食べる1歳児が8歳になるまでの動画集。
  •  ・早く回しすぎだろ(笑)。世界各地の高速回転な観覧車をごらんください。
  •  ・きかんしゃトーマスのチューイングキャンディの包み紙を見てみよう。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    久喜市の路上でアライグマを見ました。

     こないだの深夜、久喜市内で車を運転しているときに、前方の路上のどまんなかに謎の物体があるので減速してよく見たら、それはアライグマでした。夜の道路に出没するアライグマの特徴を、上手な絵でご説明いたします。

    当サイト関連記事:
    野生のイタチの映像が撮れました。
    北本自然観察公園に行ったらモグラが出ました。
    氷にはさまれた金魚(らんちゅう)を救出したときのようすです。



     アライグマが道路を横断するときの特徴をめちゃ上手な絵でご説明いたします。

    深夜、道路の真ん中にゴロッとした謎の物体が・・・。
    夜に車を走らせていると、道路のどまんなかに謎の物体がころがっていました。


    よく見たらアライグマでした。(上手な絵で再現。埼玉県久喜市の深夜の路上)
    減速してよく見ると、振り向いてこちらを見るアライグマでした。車のライトに照らされて目が光っていました。


    深夜の路上で動かない謎の物体はアライグマでした。(上手な絵で再現。埼玉県久喜市の路上での出来事です)
    アライグマはしばらく逃げず、近づいてやっと走り去っていきました。横から見た姿は、後でネットで調べたアライグマの姿そのものでした。

     アライグマとタヌキの違い・見分け方については、下にご紹介する2つのサイトでご覧ください。

    ■-タヌキ・アナグマ・ハクビシン・アライグマ-
    http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/special/mammal/chibamammal/middle4.html

    ■東京タヌキ探検隊! タヌキ?それともハクビシン?アライグマ?
    http://tokyotanuki.jp/comparison.htm

     アライグマはしっぽが長くて縞模様で、タヌキとは違うことが分かりますね。


     猫は道路をサササッと走り抜けて横断するのが普通ですが、アライグマは道路の真ん中でじっとしていることが多いように思います。

     じつは以前にも同じようなことがあって、あれは何の動物だったのか分かりませんでしたが、今回の目撃で前回もアライグマだったことを確信しました。


     以前、妻の親戚の家(埼玉県蓮田市)の屋根裏にアライグマが住み着く被害がありましたが、野生化したアライグマは繁殖して久喜市にも来ていたんですね。

     畑を荒らされたり屋根裏や物置に侵入されたりする被害が心配されますのでご注意ください。

    ■アライグマによる被害を防止するために
    http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/alien/araiguma/araiguma-higaiboshi/araiguma-higaiboshi_top.htm
    「特定外来生物」に指定されました。これにより、原則として、アライグマの運搬、保管等が禁止されています。
    アライグマの被害を受けた場合は役所の環境課などに問い合わせるのが良いようです。


    ■ハクビシン・アライグマの被害防止対策について/千葉県
    https://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/network/h19-fukyuu/hakubishin.html
    畑の被害対策の方法が紹介されています。アライグマの習性を利用して、防風ネットと電気柵を組み合わせて設置するそうです。アライグマは可愛い顔をしていますが被害が出ているので駆除は仕方がないですね。


     以上、アライグマの目撃談や被害対策をご紹介しました。今回の路上での目撃例のように、アライグマは車がかなり近づくまで道路の真ん中でしばらく動かない習性があるようなので、車を運転される方は気を付けてくださいね。



    関連:ハクビシン・アライグマ おもしろ生態とかしこい防ぎ方(楽天)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1867-e8bf88af