遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・猫の名前をどうするか? 決め方調べ。
  •  ・スコティッシュフォールドの子猫を飼い始めました。(画像あり)
  •  ・先生が怒って職員室に帰っちゃうことは今でもあるらしいです。(小5むすこ談)
  •  ・社会科の公民の授業で『政党の種類』の質問に何と答えたか? 中3むすめの珍回答。
  •  ・養生技術がすごい塗装職人さんの解説動画。
  •  ・中3むすめのクラスで5時間目の社会の先生が来ない事件。生徒たちはどんな反応をしたか?
  •  ・弁当や惣菜の『おつとめ品』についてのQ&Aリンク集
  •  ・おつとめ品ほか、スーパーで衝動買いしたときの画像が出てきました。
  •  ・中華料理屋さんの見事な腕前、手際の良さを見まくる動画集。
  •  ・【夏休みの工作】なるほどね! トグルスイッチの組み合わせがカギの金庫。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    無印良品レトルトカレー4つ食べ比べ(バターチキン/キーマ/チャナマサラ/マッサマン)

     年末に買っておいた無印良品のレトルトカレー4つをいっぺんに開けて、こないだの夕食のときに家族みんなで食べ比べました。レトルトでもこうすると豪勢な感じがします。

    当サイト関連記事:
    超簡単レシピでタンドリーチキンカレーを作りました。(ギータ・タンドリーソース使用)
    コレを入れるとおいしくなる - おいしいカレーの作り方
    超絶おいしいバターチキンカレーを作りました。(MDHチキンカレーマサラ使用)



     しっかりおせちに飽きたので買っておいてよかったです。

    無印良品レトルトカレー4つ食べ比べ(バターチキン/キーマ/チャナマサラ/マッサマン)
    無印良品のレトルトカレー4つをいっぺんに湯煎しました。1袋1人前です。こうして見ると家族風呂ですね。


    無印良品レトルトカレー「バターチキン」の中身
    無印バターチキンの中身です。パッケージの写真では肉がゴロッとしていますが実際にはそれほどでも・・・(笑)。バターのこくが出た、お子さんにも安心して食べさせられる甘いカレーです。


    無印良品レトルトカレー「キーマ」の中身
    無印キーマの中身です。鶏ひき肉がたっぷり入っているように思っていたんですがこちらもそれほどでも。うちでは一番人気でした。鶏ひき肉うまし。


    無印良品レトルトカレー「チャナマサラ」の中身
    無印チャナマサラの中身です。ひよこ豆をトマトソースで煮込んだカレーということですが、ひよこ豆の量はやっぱりパッケージほどではないかなーといった感じでした。おいしいですけれども。


    無印良品レトルトカレー「マッサマン」の中身
    無印マッサマンの中身です。こちらも肉や野菜のゴロリ感がないですねー。マッサマンは粘度が少なく、汁っぽい感じのカレーなんですね。8種類のスパイスが入っていてこの中では一番辛いですが、味がわからないような激辛ではなく、ちょうど良い辛さで美味しいです。


    無印良品レトルトカレー4つを全部あけて食べ比べました。
    というわけでうつわを分けて食卓の中央に置いて、みんなで少しずつ食べられるようにしました。うつわの形がちがいますが量はだいたい同じです。


    無印良品レトルトカレー「チャナマサラ」には、ひよこ豆が入ってます。
    チャナマサラにはひよこ豆が入っています。こういうカレーは食べたことがないので新鮮でした。


     無印レトルトカレーはパッケージと中身の具の量にちがいがある印象ですが、どれも美味しかったです。味に厳しい小6むすめは鶏ひき肉が入ったキーマ、辛いのが苦手な小2むすこはバターチキンが気に入っていました。僕は余りがちな一番辛いマッサマンばかり食べていましたが、キーマももっと食べたかったです。

     市販のレトルトカレーには数多く銘柄がありますが、数種類をこのように取り分けられるようにすると、みんなで味見できるうえにどのカレーが一番好きかなど会話も弾んで良い感じです。洗い物が増えますが(笑)。



    関連:無印良品最強バイブル(楽天)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    • 2014/02/10(月) 11:24:43 |
    • URL |
    • 履歴書の見本 #-
    • [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1832-f5c2cd6b