遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)
  •  ・一番くじ「機動戦士ガンダム~マイルーム戦役~」で当たった賞品はコチラです。
  •  ・スズメだらけの木。何羽いるでしょうか?
  •  ・平日の鷲宮神社のようす2016
  •  ・「お静かに」のイラストを使った案内掲示をみつけました。
  •  ・エレクトーンでPPAPペンパイナッポーアッポーペン、の動画をご紹介します。
  •  ・ナナフシは脱皮すると抜け殻を食べるんです。(動画あり)
  •  ・ナナフシが葉っぱを食べるようすの動画です。
  •  ・複眼が可愛い。蝶「ヤマトシジミ」のズーム画像です。
  •  ・カヤキリ(シブイロカヤキリ)の鳴き声動画。ジーーーと鳴きます。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    グリルピザプレートでマルゲリータを焼きました。魚焼きグリルで時短ピザ!

     またまたグリルピザプレートでピザを作りました。今回はサンマコーンピザとマルゲリータを焼いたようすをご紹介します。・・・サンマコーンてなんだ?

    当サイト関連記事:
    メロンパンはオーブントースターで焼いてから食べることに決めました。
    魚焼きグリルはこんな使い方があったのか・・・いろんなレシピまとめ。
    厚切りベーコンを魚焼きグリルで焼いてみたら、



    サンマの缶詰でツナコーンならぬサンマコーンピザを焼きます。
    さんま缶でサンマコーンピザを焼きます。本当はツナコーンピザを作るつもりだったんですがツナ缶を切らしてました!


    さんま缶とコーン缶を使ってこの通り。最後にマヨネーズをかけて準備オッケーです。
    さんま缶とコーン缶を使ってこの通り。最後にマヨネーズをかけて準備オッケーです。ここまでの作り方は前回の記事をご覧ください。⇒レイエ グリルピザプレートでツナコーンピザを焼きました。


    まずコンロの中火で2~3分焼きます。
    具材をのせたら、まずコンロの中火で2~3分焼きます。


    次に、強火で3分ほど予熱しておいた魚焼きグリルにグリルピザプレートごと入れて、中火で3~4分焼きます(IH両面グリルの場合。片面グリルでは中火で2~3分)。
    下面にいい感じの焼き色が付いたら、強火で3分ほど予熱しておいた魚焼きグリルにグリルピザプレートごと入れて、中火で3~4分焼きます(IH両面グリルの場合。片面グリルでは中火で2~3分)。


    さんまコーンピザがこんがり焼けました。コンロで焼くときに下面をこんがり焼きすぎましたが。
    さんまコーンピザがこんがり焼けました。コンロで焼くときに下面をこんがり焼きすぎましたが。


    コンロで焼くときにこのように焼き加減をチェックしながら焼かないと焦がしてしまいます。
    コンロで焼くときにこのように焼き加減をチェックしながら焼かないと焦がしてしまいます。

     このサンマコーンピザ、美味しいんですが、小2むすこは見た目がダメらしく、さんまをよけて食べてました。なんでだ。

     続いて僕の分、マルゲリータを焼きます。

    とろけるチーズを買ってきました。マルゲリータを焼きます。
    とろけるチーズを買ってきました。あとケチャップとミニトマトとバジルを使います。


    ピザ生地にケチャップを塗り、ミニトマトとチーズをたっぷりのせて、まずはコンロで下面を焼きます。
    ピザ生地にケチャップを塗り、ミニトマトとチーズをたっぷりのせて、まずはコンロで下面を焼きます(中火で2~3分)。


    ちゃんと下面の焼き加減をチェックします。このぐらいでオッケー。
    ちゃんと下面の焼き加減をチェックします。このぐらいでオッケー。そして例によってグリルピザプレートごと魚焼きグリルへ。


    魚焼きグリルで焼けました。もうちょっとこんがり焼いたほうが良かったかな?
    魚焼きグリルで3分前後、おいしそうに焼けました。でももうちょっとこんがり焼いたほうが良かったかな?


    バジルの葉を用意できなかったのでドライバジルをふりかけて出来上がりです。これまたうまし!
    バジルの葉を用意できなかったのでドライバジルをふりかけて出来上がりです。これまたうまし。味は本格的な時短ピザです!

     レイエ・グリルピザプレートは魚焼きグリルを使うことで短い時間で料理が出来て本当に便利です。自分のなかで今年買って良かった物ランキング上位まちがいなし。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1807-753f093d