遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・先生が怒って職員室に帰っちゃうことは今でもあるらしいです。(小5むすこ談)
  •  ・社会科の公民の授業で『政党の種類』の質問に何と答えたか? 中3むすめの珍回答。
  •  ・養生技術がすごい塗装職人さんの解説動画。
  •  ・中3むすめのクラスで5時間目の社会の先生が来ない事件。生徒たちはどんな反応をしたか?
  •  ・弁当や惣菜の『おつとめ品』についてのQ&Aリンク集
  •  ・おつとめ品ほか、スーパーで衝動買いしたときの画像が出てきました。
  •  ・中華料理屋さんの見事な腕前、手際の良さを見まくる動画集。
  •  ・【夏休みの工作】なるほどね! トグルスイッチの組み合わせがカギの金庫。
  •  ・北陸新幹線が見放題。金沢駅ライブカメラがあるよー。
  •  ・腰が楽になる。100円ショップの『バックレスト』がおすすめです。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    レイエ・グリルピザプレートで童話「ぐりとぐら」の黄色くて大きなカステラを焼きました。

     Amazonでレイエ グリルピザプレートを買いました。童話「ぐりとぐら」の黄色くて大きなカステラが焼けるような、オーブンにそのまま入れられるフライパンが欲しかったんです。
     そのグリルピザプレートの購入の決め手は「魚焼きグリルを使うことで短時間に本格的なピザが焼ける」という理由ですが、まずは、ぐりとぐらのカステラを焼いてみました。

    当サイト関連記事:
    メロンパンはオーブントースターで焼いてから食べることに決めました。
    魚焼きグリルはこんな使い方があったのか・・・いろんなレシピまとめ。
    厚切りベーコンを魚焼きグリルで焼いてみたら、



    レイエ・グリルピザプレートと絵本からうまれたおいしいレシピ
    「絵本からうまれたおいしいレシピ」(現在は中古本でしか手に入らないようです)と、Amazonで買った「レイエ・グリルピザプレート」です。こんなの欲しかったんだ~というモノが見つかってうれしいです。ちなみに、初めて使用する前に、焦げ付きにくくする為に「油ならし」という作業をすると良いです。コンロの中火で1~2分加熱して火を止め、油大さじ1杯を入れて全体になじませます。そして余分な油を拭き取って「油ならし」は完了です。


    「絵本からうまれたおいしいレシピ」にある「ぐりとぐら」の黄色くて大きなカステラの材料です。(卵3個・2度ふるった薄力粉75g・きび砂糖50g(今回は白砂糖を使用)、牛乳20cc)
    「絵本からうまれたおいしいレシピ」にある「ぐりとぐら」の黄色くて大きなカステラの材料です。(卵3個・2度ふるった薄力粉75g・きび砂糖50g(今回は白砂糖を使用)、牛乳20cc)


    分量外のバターを塗った型(今回はグリルピザプレート)を冷蔵庫に入れておきます。
    分量外のバターを塗った型(今回はグリルピザプレート)を冷蔵庫に入れておきます。


    オーブンを170度に予熱しておきます。
    それと、オーブンを170度に予熱しておきます。


    卵と砂糖をボウルに入れて湯せんにかけながら、泡だて器や電動ミキサーで混ぜます。
    卵と砂糖をボウルに入れて湯せんにかけながら、泡だて器や電動ミキサーで混ぜます。白っぽくなって生地にとろみが出るまで。


    薄力粉を再度ふるってから混ぜるとふんわり焼けるそうですが省略しました。
    薄力粉を再度ふるってから混ぜるとふんわり焼けるそうですが省略しました。ヘラで混ぜていきます。


    さらに牛乳を加えて混ぜます。
    さらに牛乳を加えて混ぜます。


    バターを塗って冷蔵庫に入れておいた型「レイエ グリルピザプレート」に生地を流し入れて、底をたたいて気泡を抜きます。
    バターを塗って冷蔵庫に入れておいた型「レイエ グリルピザプレート」に生地を流し入れます。そして底をたたいて気泡を抜きます。


    予熱した温度と同じ170度で25分焼きます。
    オーブンに入れて、予熱した温度と同じ170度で25分焼きます。


    焼き色やふくらみが足りないようですが、ぐりとぐらの黄色くて大きなカステラ、焼けました!
    焼き色やふくらみが足りないようですが、ぐりとぐらの黄色くて大きなカステラ、焼けました!


    下面の焼き色もだいじょうぶ。焦げ付きはありませんでした。
    下面の焼き色もだいじょうぶ。焦げ付きはありませんでした。


    ぐりとぐらの黄色くて大きなカステラ、卵の風味が素朴で良い味わいです。
    ぐりとぐらの黄色くて大きなカステラ、卵の風味が素朴で良い味わいです。固めなのでカステラというよりパンに近いかな? 絵本のなかでは、森の動物たちがフライパンに入ったままのカステラをちぎって食べているようすが描かれています。そうやって食べるのが美味しいのかもしれませんね。ちなみに妻と子どもたちは不在のときに作ったので全部ひとりで食べました!


     2度ふるった薄力粉をさらにふるって卵に混ぜるとふっくらするとレシピにはあります。そうすればもっとふくらんだのかなと思いましたが、ベーキングパウダーは使わないでも良いのか、疑問に思ったので調べてみました。

    ■カステラにベーキングパウダーって入っていますか? - Yahoo!知恵袋
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1159574726
    一般的に、カステラはベーキングパウダーを使わないそうです。そうだったのかー。独特の甘みを出すために水あめも使うんですね。


     クックパッドにカステラの作り方が多数投稿されてます。そのひとつをご紹介します。

    ■めざせ○鳥屋!ふんわりしっとりカステラ♡ by merry* [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが158万品
    http://cookpad.com/recipe/593273
    強力粉ですか、なるほど。それからはちみつにみりん。底に敷くザラメは、今回のようにグリルピザプレートを使った作り方では焦げ付きの心配があるから使えないかな。それ以外の材料で、グリルピザプレートで作ったらどうなるか、やってみたいです。



     次回はピザを焼いたようすをご紹介したいと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1805-4ebf95f3