遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・【興味深い動画】出勤前キャストのようすとか、深夜のディズニーリゾートラインとか。
  •  ・壊れた洗濯機の動画いろいろ。ノリノリな洗濯機ほか。
  •  ・カリンバ演奏動画がスゴい。スーパーマリオブラザーズ、ザ・ベンチャーズほか。
  •  ・ハンドスピナーと超強力マグネットの組み合わせが楽しそうです。
  •  ・光るLEDハンドスピナーほか、自作ハンドスピナーの作り方動画集。
  •  ・ハンドスピナーを自作した人あらわる。作り方動画をご紹介します。
  •  ・懐中電灯から電池を外して一緒にケースに入れておくと良い理由。
  •  ・5月5日はレイクタウンに行ってきましたレポート。チキンラーメンひよこちゃん期間限定SHOPほか。
  •  ・【太陽柱】太陽の分身!? 夕日の上に太陽がもう1個あるような不思議な現象を見ました。
  •  ・GWに買ったガールズ&パンツァーのおみやげ一覧(冷泉麻子3Dカードほか)
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    イボバッタの保護色がすごい(小学校の砂場にて)

     イボバッタをあらためて写真に撮ってよく見ると、保護色による擬態がすごいことがわかります。砂利のある空き地などでよく見ますが、今回ご紹介するイボバッタの画像は、こないだ小学校で電池を作ったときの帰りに砂場で撮りました。(10円玉と1円玉で電池を作りました。電子オルゴールが鳴ります。

    当サイト関連記事:
    森林公園でこんなに昆虫をみつけました。(カマキリの抜け殻も)
    トノサマバッタの産卵から孵化まで、飼い方参考サイト。
    かまれると痛いバッタ「カヤキリ」の画像と鳴き声(音声)リンク



    イボバッタの保護色がすごい
    このなかにイボバッタがいます。さてどこでしょうか? 答えは画像の真ん中です。バッタを追いかけながら帰ったんですが、イボバッタが砂場に着地すると、見つけるのに苦労しました。


    砂場にいるイボバッタは見えない。
    イボバッタにもうちょっと近寄って撮ってみました。イボバッタは警戒心が強くて近寄るとすぐ飛び立つので写真を撮るのがたいへんです。しかしこの保護色はすごいですね~。目までまだら模様で砂場と同化してますからね。


     こんな感じで小2むすこといっしょにバッタを追ったり、花壇のアリの巣を観察したりしながら帰ったのでした。僕の母校なので懐かしくてもうちょっと長く遊びたかったんですけど(笑)。



     おまけのリンク集です。

    ■福光村昆虫記(バッタ,イナゴ)
    http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/batta_.html
    「イボバッタ」という名前はこちらのページを見て分かりました。クルマバッタモドキに似ているので勘違いしやすいです。


    ■イボバッタ - 昆虫研究所
    http://www.mushiken.com/v2/zukan/mk_batta/ibobatta/ibobatta.html
    イボバッタの特徴がよくわかるページです。
    自由研究で昆虫を題材に選んだときは、このように身体の各部の詳細画像をまとめると良い作品が出来そうですね。


     ちなみにクルマバッタモドキはこんな形と色です。

    ■クルマバッタモドキ
    http://mushinavi.com/navi-insect/data-batta_kuruma_modoki.htm
    まだら模様がくっきりしているから分かりやすいといえば分かりやすいかな。褐色型のほかに緑型もいて、子どもの頃は緑型をトノサマバッタと勘違いしていました。よく見るとそれぞれ特徴が全然ちがいますね。


    ■トノサマバッタ
    http://www.insects.jp/kon-battatono.htm
    トノサマバッタはやはり風格がちがいます。



     おまけです。
     イボバッタの保護色もすごいですが、ほかの昆虫もすごいです。
     蛾やイモムシ系の画像もあるのでご注意ください。

    ■擬態している昆虫-2(福光村昆虫記)
    http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/Gitai_2.html
    樹皮のような模様の蛾はよく見ますが、枯葉そのものみたいな蛾は見たことがないな~。うちがお出かけする範囲でも見つかるかな? いつか見つけたいです。
    鳥や昆虫のフンに化けたり、コケに化けたりと、生き残るための擬態はさまざまで面白いですね!



    関連:子供に教えたいムシの探し方・観察のし方(楽天)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1779-3e68c975