遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)
  •  ・一番くじ「機動戦士ガンダム~マイルーム戦役~」で当たった賞品はコチラです。
  •  ・スズメだらけの木。何羽いるでしょうか?
  •  ・平日の鷲宮神社のようす2016
  •  ・「お静かに」のイラストを使った案内掲示をみつけました。
  •  ・エレクトーンでPPAPペンパイナッポーアッポーペン、の動画をご紹介します。
  •  ・ナナフシは脱皮すると抜け殻を食べるんです。(動画あり)
  •  ・ナナフシが葉っぱを食べるようすの動画です。
  •  ・複眼が可愛い。蝶「ヤマトシジミ」のズーム画像です。
  •  ・カヤキリ(シブイロカヤキリ)の鳴き声動画。ジーーーと鳴きます。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    ヤマハ音楽教室CMのレッスン曲をニンテンドーDSiに歌わせるプログラムを作りました。(プチコンmkII)

     ニンテンドーDSiウェア プチコンmkIIで、ヤマハ音楽教室CMのレッスン曲「ドレミファソ~ラファミ、レ、ド」を歌わせるプログラムを作りました。プログラムをDSiに読み込むためのQRコードとプログラムリストを公開します。

    当サイト関連記事:
    3DSLLと初代3DS、買うならどっちがいいか調べ
    プチコンmkIIでジャンケンゲームを作りました。「ゲロップ君のジャンケンポイ」
    プチコンmkIIで初めて作ったプログラムを公開します。



     では、歌っているようすのYouTube動画をご覧ください。

    ■プチコンmkII ヤマハ音楽教室CMドレミファ編をニンテンドーDSiが歌います。 - YouTube
    http://www.youtube.com/watch?v=e6vO7iW3B0c


     プログラムをRUNすると「ドレミファソーラファミ、レ、ド ソーファミソファミレ ソーファミソファミレ ドレミファソーラファミ、レ、ド」と歌い、その次におまけとして調子外れ(音痴ともいう)バージョンを歌います。
     最後にタッチ操作で上手バージョンと音痴バージョンを選んで歌わせるモードになります。やめるときはBボタンで終わります。

     このように、どこまでが本気でどこまでがおバカをやっているのか分からないプログラムが出来上がってしまいました。すみませんねぇ。

     ちなみに、このヤマハ音楽教室CMドレミファ編の曲は、ドイツ民謡の「池の雨」という題名だそうです。ドイツ民謡「池の雨」についてのリンクを2つご紹介します。

    ■How to play 池の雨 ヤマハ音楽教室CM曲 on piano - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=1f8ec6TmZmo
    ピアノで「池の雨」の弾き方を教えてくれる動画です。


    ■池の雨 ドイツ民謡 歌詞・日本語訳
    http://www.worldfolksong.com/songbook/germany/mannlein-steht-walde.html
    ドイツ語の歌詞と日本語訳、そしてドイツ語で歌うYouTube動画も掲載されてます。ヤマハ音楽教室CMを見て、ただレッスンに合った音階を歌っているだけだと思っていたので、歌詞があることには意外でしたが、日本語訳もトラウマ的恐怖を感じる意外さでした。


     それでは、ヤマハ音楽教室CMのドレミファソラファミレドをプチコンmkIIが入ったDSiまたは3DSで歌わせるプログラムのQRコードをご紹介します。

     プチコンmkIIで、以下の2枚のQRコードを順番に読み込んでください。ファイル名は「SINGYMH」です。
    ヤマハ音楽教室CM ドレミファソラファミレド QRコード SINGYMH (1/2)

    ヤマハ音楽教室CM ドレミファソラファミレド QRコード SINGYMH (2/2)

     プログラムの特殊な部分を解説します。

     しゃべる調子を選択するパラメータ@Eを「歌うように(@E16)」または「ビジネスライクに(@E1)」に設定することで、上手になったり音痴になったりします。@E0~@E15のほとんどは、歌わせるために音の高さを設定しても調子外れになるようです。

    ■10 サウンド関係の表
    http://smileboom.com/special/ptcm2/co_manual/p10.php
    こちらのページのいちばん下に、TALKコマンドの表があります。

     それから、TALKCHK()関数を使えば発声中であるか状態を取得して次の小節に進むようにプログラムできますが、やってみたら間が空きすぎてタイミングが合わず、流れるように歌わせることができませんでした。なので、VSYNC命令を使って数値を調整してタイミングを合わせてます。
     プチコンmkIIスマイルBASICの仕様なので仕方がありませんが、TALK文で流れるように歌わせるためには研究が必要なようです。


     こちらがプログラムリストです。



    ’───────────────────
    ’ト゛レミファソラファミレト゛
    ’2013.2
    ’by uronpoi
    ’───────────────────

    CLEAR:CLS:GCLS

    ’───── シ゛ョウス゛ニ ウタウ
    E$=”@E16”
    GOSUB @SING
    VSYNC 30

    CLS
    COLOR 0
    LOCATE 15,12:PRINT”オマケ”
    VSYNC 70

    ’───── オンチ ハ゛-シ゛ョン
    CLS
    E$=”@E1”
    X1=-5:X2=5:X3=-3:X4=3:X5=-8:X6=11
    GOSUB @SING
    VSYNC 30
    CLEAR:CLS
    BEEP 42

    ’───── シタカ゛メン ヒョウシ゛
    @TOUCH
    PNLTYPE ”OFF”
    GPAGE 1
    GFILL 0,0,127,191,4
    GFILL 128,0,255,191,3
    PNLSTR 6,10,”オンチ”,15
    PNLSTR 22,10,”シ゛ョウス゛”,15
    PNLSTR 20,23,”END=[B]ホ゛タン”,14

    ’───── Bホ゛タン & タッチハ゜ネル
    @LOOP
    IF BUTTON()==32 THEN COLOR 0:END
    IF TCHST==0 GOTO @LOOP
    X=TCHX
    IF X<128 GOTO @ONCHI

    ’───── シ゛ョウス゛セッテイ
    CLS
    VSYNC 10
    E$=”@E16”
    GOSUB @SING
    CLS
    GOTO @TOUCH

    ’───── オンチ セッテイ
    @ONCHI
    CLS
    VSYNC 10
    E$=”@E1”
    X1=-5:X2=5:X3=-3:X4=3:X5=-8:X6=11
    GOSUB @SING
    CLEAR:CLS
    GOTO @TOUCH

    ’───── ウタ
    @SING
    VSYNC 10
    COLOR 12
    LOCATE 10+X1,3
    PRINT”ト゛レミファソ-ラファ”
    TALK”@S7@V80”+E$+”@T180@N1447ト゛@N1559レ@N1686ミ@N1745ファ@N1858@T470ソ@N1971@T140ラ@N1745ファ”
    VSYNC 115

    COLOR 3
    LOCATE 12+X2,6
    PRINT”ミ レ ト゛-”
    TALK”@S7”+E$+”@T90@N1686ミ_@N1559レ_@N1447@T230ト゛-”
    VSYNC 120

    COLOR 9
    LOCATE 10+X3,9
    PRINT”ソ-ファミ ソファミレ”
    TALK”@S7”+E$+”@T165@N1858ソ-@N1745ファ@N1686ミ@N1858ソ@N1745ファ@N1686ミ@N1559レ”
    VSYNC 115

    COLOR 11
    LOCATE 10+X4,12
    PRINT”ソ-ファミ ソファミレ”
    TALK”@S7@V60”+E$+”@T165@N1858ソ-@N1745ファ@N1686ミ@N1858ソ@N1745ファ@N1686ミ@N1559レ”
    VSYNC 110

    COLOR 4
    LOCATE 10+X5,15
    PRINT”ト゛レミファソ-ラファ”
    TALK”@S7@V80”+E$+”@T180@N1447ト゛@N1559レ@N1686ミ@N1745ファ@N1858@T470ソ@N1971@T140ラ@N1745ファ”
    VSYNC 115

    COLOR 7
    LOCATE 12+X6,18
    PRINT”ミ レ ト゛-”
    TALK”@S7”+E$+”@T90@N1686ミ_@N1559レ_@N1447@T230ト゛-”
    VSYNC 120

    RETURN




    関連:蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック(Amazon)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1701-22f5d559