遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)
  •  ・一番くじ「機動戦士ガンダム~マイルーム戦役~」で当たった賞品はコチラです。
  •  ・スズメだらけの木。何羽いるでしょうか?
  •  ・平日の鷲宮神社のようす2016
  •  ・「お静かに」のイラストを使った案内掲示をみつけました。
  •  ・エレクトーンでPPAPペンパイナッポーアッポーペン、の動画をご紹介します。
  •  ・ナナフシは脱皮すると抜け殻を食べるんです。(動画あり)
  •  ・ナナフシが葉っぱを食べるようすの動画です。
  •  ・複眼が可愛い。蝶「ヤマトシジミ」のズーム画像です。
  •  ・カヤキリ(シブイロカヤキリ)の鳴き声動画。ジーーーと鳴きます。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    プチコンmkIIで初めて作ったプログラムを公開します。

     こないだ、ニンテンドーDSiや3DSでBASIC言語でプログラミングしてゲームなどが自作できる「プチコンmkII」というソフトをダウンロード購入しました。そのプチコンmkIIで初めて作ったプログラムを公開します。
    プチコン - Wikipedia

    当サイト関連記事:
    3DSLLと初代3DS、買うならどっちがいいか調べ
    PC-6001を懐かしむリンク集
    1980年代のシャープのパソコン「MZ-2000」を改造しWindowsが起動



    ■プチコンmkII
    http://smileboom.com/special/ptcm2/
    プチコンmkIIをダウンロード購入するには、インターネットにつながったDSi/DSiLLで「ニンテンドーDSiショップ」、3DS/3DSLLでは「ニンテンドーeショップ」にアクセスします。プチコンmkII 購入の手引き

    ■プチコンまとめWiki
    http://wiki.hosiken.jp/petc/


     それではご紹介します。作ったプログラムのタイトルは「どこだれ」(ファイル名:TALK)、内容は「いつ・どこで・だれが・なにを・どうした」の単語をランダムでつなげた文章を発声するソフトです。延々としゃべり続けるので、飽きたらSELECTボタンで止めてください。

     画面消去や配列変数を確保するDIM命令を省いていたり、配列変数に文字列を読み込むのにREAD/DATA命令を使わなかったりと、ひどいプログラムとなってます。すみませんねぇ。でも初心者の方には理解しやすくなっていると思います。

     こちらが「どこだれ」のQRコードです。プチコンmkIIをダウンロードしたDSi/DSiLL/3DS/3DSLLで読み込めます。

    プチコンmkIIで作ったソフト「どこだれ」(いつ・どこで・だれが・なにを・どうした)


     細かい説明は省きますが、以下がプログラムのソースコードです。
    -----------------------------------------------------------

    A$(0)=”キョ’ウ”
    A$(1)=”コナイタ゛”
    A$(2)=”イツタ゛ッタカ”
    A$(3)=”イチネンマエ”
    A$(4)=”オショウカ゛ツニ”
    A$(5)=”クリスマスイフ゛ニ”
    A$(6)=”タンシ゛ョウヒ゛ニ”
    A$(7)=”アサハヤクニ”
    A$(8)=”ナツヤスミニ”
    A$(9)=”シンヤニ”

    B$(0)=”コウエン”
    B$(1)=”ショッヒ゜ンク゛センタ-”
    B$(2)=”カ゛ッコウ”
    B$(3)=”コウシ゛ケ゛ンハ゛”
    B$(4)=”ヒ゛ョウイン”
    B$(5)=”トコヤサン”
    B$(6)=”フ゜-ル”
    B$(7)=”オモチャヤサン”
    B$(8)=”スカイツリ-”
    B$(9)=”レストラン”

    C$(0)=”オシ゛イチャン”
    C$(1)=”オハ゛アチャン”
    C$(2)=”オトウサン”
    C$(3)=”オカアサン”
    C$(4)=”ヒ゜アノノセンセイ”
    C$(5)=”ケイサツカン”
    C$(6)=”コウチョウセンセイ”
    C$(7)=”エンチョウセンセイ”
    C$(8)=”ヨッハ゜ライ”
    C$(9)=”ト゛ロホ゛ウ”

    D$(0)=”ウンコ”
    D$(1)=”ラ-メン”
    D$(2)=”コクハ゛ン”
    D$(3)=”マト゛カ゛ラス”
    D$(4)=”カヒ゛ン”
    D$(5)=”オネエサン”
    D$(6)=”ヨウカ゛ン”
    D$(7)=”コ゛キフ゛リ”
    D$(8)=”カタツムリ”
    D$(9)=”スイカ”

    E$(0)=”フンタ゛”
    E$(1)=”ワッタ”
    E$(2)=”ナメタ”
    E$(3)=”ケットハ゛シタ”
    E$(4)=”タヘ゛タ”
    E$(5)=”ケイカイシタ”
    E$(6)=”ツカマエタ”
    E$(7)=”ナケ゛タ”
    E$(8)=”ヒロッタ”
    E$(9)=”カッテキタ”

    @LOOP

    A=RND(10)
    B=RND(10)
    C=RND(10)
    D=RND(10)
    E=RND(10)

    T$=A$(A)+” ”+B$(B)+”テ゛ ”+C$(C)+”カ゛ ”+D$(D)+”ヲ ”+E$(E)

    TALK T$
    PRINT T$

    FOR I=0 TO 300000
    NEXT

    GOTO @LOOP

    -----------------------------------------------------------
     ちなみに「キョウ」が「キョ'ウ」となっているのは、おかしな発音を修正しているためです。
     また、プログラム中の単語を変えれば自己流のおもしろい文章が出来ると思います。

     以上、プチコンmkIIで初めて作ったプログラムでした。今後は、ボタンやタッチパネルの入力やキャラクタを表示するスプライト命令も使いこなしていきたいと思います。

     余談ですが、このプログラムはショッピングセンターで妻の買い物待ちの時に少しずつ作りました。今後は小5むすめのお古のDSiがプチコンmkII専用マシンになりそうです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    こんにちわプチコン。
    無用でしょうが少しアドバイスさせてください。
    たとえば"コウチョウセンセイ"よりも
    "コーチョーセンセー"などと指定した方が
    自然に聞こえると思います。
    表示用と発声用の2種類の文字データを
    用意できる余裕がある時はどうぞ。
    発声の終わりを待つには
    TALKCHK()を使うと良いでしょう。
    聞いていて楽しいプログラムでした。

    • 2013/01/07(月) 16:16:15 |
    • URL |
    • 老婆心 #KDsnUZvY
    • [ 編集]

    プチコンmkIIで上手くしゃべらせるコツ

    老婆心さん、コメントありがとうございます。『こんにちはマイコン』を懐かしく思いましたよ(笑)。

    TALK命令で聞き取りやすくする記述方法があるんですね。目からウロコです。
    それから TALKCHK() も知りませんでした。しゃべらせるのを繰り返すと上書きで発声して言葉にならないのを、昔BASICを使っていたときの癖でFOR~NEXTでごまかしたのでした。やはり TALKCHK() という、あって当たり前の命令があるんですね。

    しゃべらせるアプリを作るときは教わった通りにやってみようと思います。アドバイスをいただいて助かりました。ありがとうございました!

    • 2013/01/09(水) 10:35:24 |
    • URL |
    • uronpoi #-
    • [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1686-58df5b5e