遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • 駐車券が止めどなく出る動画
  • ボタンが効かなくなったケンジントンのトラックボールの修理レポート
  • Amazonでアルコールランプとフラスコとビーカーがセットの化学実験装置が売ってるぞ。
  • キーボード演奏で再現するファミコン版「スパルタンX」「マッピー」「ディグダグ」BGM
  • エイプリルフールうそ集 - その17
  • 航空機の窓からUFOが撮れてしまった10の事例
  • 『機動戦士アッガイ』のアニメがすごい。
  • 木馬に乗ってゆれるアッガイ
  • ゾックを工作で別物にしてしまった凄い人たち
  • ガンダムオムライス食べた。
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    「トンボ釣り」という遊びがあるそうです。

     トンボのほうからつかまりに来る「トンボ釣り」という遊びがあるそうです。仕掛けの作り方とやり方が解説されているサイトをご紹介します。夏休みの自由研究にも良さそうですよ。

    当サイト関連記事:
    妻がオオヤマトンボをつかまえました。(古河総合公園)
    ぐんま昆虫の森でギンヤンマのオスとメスを同時につかまえました!!
    ぐんま昆虫の森に行ってきましたレポート。とうとうオニヤンマを捕まえました!!



    ■トンボつり(ブリ)
    http://www1.kcn.ne.jp/~matsudai/bunka.html
    トンボつりの歴史、分布、釣れるトンボの種類、作り方、投げ方、コツ、そしてつかまえたトンボからの外し方まで解説されてます。糸の両端にアルミ箔などで包んだ小石を結び、トンボの前に投げてつかまえる方法です。トンボが小石を餌になる昆虫だと勘違いして飛びつき、糸にからんで落ちてくるという仕掛けなんですね。


    ■虫取り
    http://www2.ocn.ne.jp/~happyman/mushi.htm
    上にご紹介したサイトでは糸の長さは80cm~120cmくらい、と解説されてますが、こちらでは15cmくらいとされてます。それからクルクル回るように投げると説明されてますが、高速で回して投げるとトンボが切れてしまうこともあるそうなので注意が必要です。上にご紹介したサイトのように、あまり遠心力をかけずに投げる方法が良さそうです。


     手持ちの本「冒険手帳」の220ページにも、このトンボ釣りのやり方が載ってます。ここでは小石を包む物は銀紙となってますが、同じように銀色に光って目立つ物として、台所にあるアルミホイルで大丈夫だと思います。
     また、冒険手帳にはトンボ釣りはオニヤンマのオスをつかまえる方法として解説されてますが、オニヤンマのメスやトウモロコシの毛を糸に結んで振りまわすという方法もあるそうです。オニヤンマのメスは死んでいても大丈夫とのことですが、ちょっと残酷なのでトウモロコシの毛で試してみたいところです。


     このトンボ釣り、トンボをだます仕掛けということで目の前でオニヤンマをホバリングさせる装置に通じるものがありますね。
     もう10月ということで大型トンボはあまり見られなくなると思うので、来年の夏にやってみたいと思います。でもこれで簡単につかまえられたら今までの苦労はなんだったんだろうという感じです(笑)。



    関連:冒険手帳(楽天)


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1638-25f33384

     

      ブログパーツ