遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)
  •  ・一番くじ「機動戦士ガンダム~マイルーム戦役~」で当たった賞品はコチラです。
  •  ・スズメだらけの木。何羽いるでしょうか?
  •  ・平日の鷲宮神社のようす2016
  •  ・「お静かに」のイラストを使った案内掲示をみつけました。
  •  ・エレクトーンでPPAPペンパイナッポーアッポーペン、の動画をご紹介します。
  •  ・ナナフシは脱皮すると抜け殻を食べるんです。(動画あり)
  •  ・ナナフシが葉っぱを食べるようすの動画です。
  •  ・複眼が可愛い。蝶「ヤマトシジミ」のズーム画像です。
  •  ・カヤキリ(シブイロカヤキリ)の鳴き声動画。ジーーーと鳴きます。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    古河市三和ふるさとの森で「シロスジカミキリ」と「ミヤマカミキリ」を見つけました。

     行ったのが7月半ばとかなり前の話になりますが、茨城県にある古河市三和ふるさとの森で、シロスジカミキリやミヤマカミキリほかたくさんの昆虫を見てきたようすをレポートしたいと思います。

    当サイト関連記事:
    古河総合公園の散歩コースと昆虫
    根古屋森林公園に行ってきましたレポート後編。ニホントカゲや珍しい昆虫がいました。 遊んで学ぶお父さん
    捕ったカミキリムシをネット図鑑で調べたらニセビロウドカミキリでした。



     この公園に行くのは初めてで、たどり着けるかちょっと緊張してました。なにしろ下のような地図サイトにも公園名が記載されてないし、周辺の道幅がせまそうなのです・・・。

     なお、下のGoogleマップには、今回うちが県道56号線を通って行ったときのルートを示してます。

    古河市三和ふるさとの森 - Google マップ

    カーナビを設定するときの住所は「茨城県古河市東諸川711-1」です。

     Googleマップは細い道が薄い色で表示されて見づらいので、古河市三和ふるさとの森の周辺を見るときは航空写真に切り替えるか、下のるるぶのページにリンクされている地図を見るのがわかりやすいと思います。

    ■古河市三和ふるさとの森(茨城県):全国日帰りバーベキュー&キャンプ場2012:るるぶ.com
    http://www.rurubu.com/season/spring/bbq/detail.aspx?SozaiNo=080002
    地図のリンクほか、バーベキューをやる場合の利用料金や用具レンタルの情報がまとめられてます。


     それでは、行ってきたようすをご覧ください。
     画像はすべてクリックで拡大表示します。


    「古河市三和ふるさとの森」に向かう細い道上に掲載した地図の最後の右折をすると、このような細い道になります。左に茶畑があります。公園の看板もないのでこの道で正しいのか心配でした。

    「古河市三和ふるさとの森」に向かう細い道その2車のすれちがいが厳しいほど道が細くなりました。この先に公園なんてあるのか・・・?

    「古河市三和ふるさとの森」に向かう細い道その3左側の手入れされた段々の斜面に、公園がありそうな希望の光が見えてきました。

    「古河市三和ふるさとの森」にやっと出ました。20台くらいとめられる駐車場です。出ました、駐車場です。20台くらいとめられるようです。

    公園です。「古河市三和ふるさとの森」に間違いなし。公園です。「古河市三和ふるさとの森」に間違いなし。ホッとしました。

    長いローラー滑り台や大型アスレチック遊具があります。長いローラー滑り台や大型アスレチック遊具があります。

    「古河市三和ふるさとの森」の案内板案内板です。よく見ると禁止事項に「動植物や自然を大切にしましょう」とあります。

    「古河市三和ふるさとの森」 公園利用上の注意公園利用上の注意です。公園は大切に、危ない遊び方はしないということですね。

    トトロが出そうな「古河市三和ふるさとの森」木々に囲まれた階段があります。トトロが出そう。

    植木に挟まれた細道を上りながら昆虫探しをします。その右になだらかな斜面の道があるので、そこを上っていきました。

    網と虫かごを持ってますが、注意事項に「動植物や自然を大切にしましょう」とあるとおり、つかまえた昆虫は観察したらすべてその場で逃がしました。網と虫かごを持ってますが、注意事項に「動植物や自然を大切にしましょう」とあるとおり、つかまえた昆虫は観察したらすべてその場で逃がしました。

    ピンボケですが、カマキリの幼虫が何か餌をつかまえて食べてました。ピンボケですが、カマキリの幼虫が何か餌をつかまえて食べてました。

    クルマバッタモドキの幼虫でしょうか。これはクルマバッタモドキの幼虫でしょうか。何匹も跳ねてました。
    ■田んぼの生き物観察アルバム・田んぼにいたよ・クルマバッタモドキ、アワフキ、オバホタル、ヒメクロオトシブミ、キマダラコヤガ
    http://www.asahi-net.or.jp/~qt4t-smy/tanbo/04.htm


    これはショウリョウバッタモドキのメスだと思います。手持ちの昆虫図鑑によると、これはショウリョウバッタモドキのメスだと思います。

    シオヤアブの交尾「ブブブ、ブブブブブ、」と不規則な怪しい羽音がするので見てみたら、シオヤアブが交尾してました。オスとメスが逆方向を向いてます。

    「古河市三和ふるさとの森」管理事務所斜面を上りきったら左に管理事務所があります。

    「古河市三和ふるさとの森」バーベキュー広場その右奥にはバーベキュー広場があります。

     アスレチック遊具がある右のほうに進みました。

    アジサイの葉の上のアマガエルアジサイの葉の上にアマガエルがいました。

    「古河市三和ふるさとの森」 大型アスレチック遊具大型アスレチック遊具です。長いローラー滑り台に連結してます。

    シーソーもあります。シーソーもあります。

    気温35度でも木陰は涼しいこの日の気温は35度・・・でも木陰は涼しかったです。では昆虫探し、まいります。

    チャミノガのミノムシミノムシ発見。ぶら下がっているのではなく斜めに付いているので、チャミノガのミノムシですね。関連記事:ミノムシが移動するようす

    「古河市三和ふるさとの森」 林の中を進むと細い道に出ます。そこでも昆虫観察。昆虫を探しながら林の中を進むと公園を囲む細い道が見えてきました。

    「古河市三和ふるさとの森」の裏側の細道で右を向いたところ。細道に出て右を向くとこんな感じ。

    「古河市三和ふるさとの森」 細道を進むと川に出ます。進んでみると川に出ました。川の周辺の昆虫や水生生物を探したいところですが、小1むすこを連れては危ないので引き返すことに。

     林から細道に出たばかりの場所で、妻と子どもたちが騒いでいるので行ってみると、カミキリムシを見つけてました。

    シロスジカミキリ発見!!大きなシロスジカミキリです。模様は黄色ですが、死ぬと白くなるのが特徴なんだそうです。シロスジカミキリ - Wikipedia

    シロスジカミキリの顔をズームシロスジカミキリの顔をズーム。ピンボケですみません。シロスジカミキリの顔のアップ写真があるサイトをご紹介します。
    ■シロスジカミキリ
    http://www.insects.jp/kon-kamisirosuji.htm
    この顔、まさしく宇宙人ですね。もしくは大怪獣キバギドラという名前を付けたくなります。

     こんな大きなカミキリムシは見たことがありません。と言っても定規で比べないとわかりませんね。昆虫探しをするときは定規やメジャーを用意するように気をつけたいと思います。

     このシロスジカミキリ、手でつかんでギーギー鳴くようすを観察したあと、網の先にとまらせて歩かせていたら、羽を広げて飛んでいってしまいました。バイバイ、キバギドラ!

    ハグロトンボ細道の周辺の木陰にハグロトンボがたくさんいました。5~6匹くらいいたかな。

    擬死(死んだふり)する2匹のハグロトンボ。地面にそっと置いたらこうなりました。小5むすめが網でつかまえた2匹のハグロトンボを地面にしずかに置いたら、なんと死んだふり、擬死です。この後、何事もなかったかのように飛んでいきました。

    まっ黒な蝶。クロアゲハのメスか、ナガサキアゲハのオスでしょうか。ハグロトンボの近くに、まっ黒な蝶もいました。クロアゲハのメスか、ナガサキアゲハのオスでしょうか。

    「古河市三和ふるさとの森」の裏側の細道で左を向いたところ。今度は、細道を左に進んでみました。

    「古河市三和ふるさとの森」の裏側の草むら林の反対側は草っぱらです。カマキリやバッタがいそうですが、こんな草むらでブヨに刺された経験があるのでやめておきました。⇒ブヨ(ブト)に刺されました。症状、治療方法、刺されないための対策調べ。

    トンボがたくさん。画面の汚れではありません。全部トンボです。空を見るとトンボがたくさん。画面の汚れではありません。全部トンボです。

    トンボが指に止まるか実験する小5むすめ。しかしトンボは止まらず。トンボが指に止まるか実験する小5むすめ。しかしトンボは止まらず残念でした。

    マメコガネと、右奥にはアマガエル。道沿いでマメコガネとアマガエルを見つけました。

    シオヤアブまたもやシオヤアブ。こればっかりいました。ちなみにこのシオヤアブに似ているアオメアブに出会ったときの記事はこちらです。⇒小山総合公園にきのこの山に似ているキノコが生えてました。

    クルマバッタの終齢幼虫でしょうか。これはクルマバッタの終齢幼虫でしょうか。トノサマバッタっぽいけど違う種類なんですね。参考サイトをどうぞ。
    ■クルマバッタ
    http://mushinone.sakura.ne.jp/larva/kuruma-batta.htm


    オレンジ色がきれいな草花こんなオレンジ色がきれいな草花が咲いてました。危うく品種がわからないところでしたが、やっと草花図鑑サイトで見つけました。これはぜったい舌噛む名前。
    ■ヒメヒオウギズイセン
    http://matsue-hana.com/hana/himehiougisuisen.html


    「古河市三和ふるさとの森」の裏側の細道をわざわざ探検してみる。(でもちょっと進んですぐ戻る)細道をわざわざ探検してみる。でも何もなさそうなのでちょっと進んですぐ戻るの巻。

    マメコガネがカラカニグモのような蜘蛛に襲われてました。戻る途中で、マメコガネがカラカニグモのような蜘蛛に襲われているのを見つけました。昆虫の世界こわッ!

     また林に入って遊具広場に戻りました。

    大きなワラジムシが・・・。その途中でワラジムシ発見。ちょっと飼ってみたいです。飼育しやすそうで自由研究の題材にも良さそう。

    この中にナナフシがいます。さらにナナフシ発見。この中にナナフシがいます。

    中央の枝のようなものがナナフシです。中央の枝のようなものがナナフシです。6本の足を器用に使って枝につかまり、葉っぱを食べてます。

    ナナフシと呼んでますが、触角が短いこの種類はナナフシモドキですね。ナナフシと呼んでますが、触角が短いこの種類はナナフシモドキですね。また来年も繁殖しててちょうだい。じゃあまたねナナフシモドキ。

    ナナフシモドキの茶色型が木に貼りついてました。こちらではナナフシモドキの茶色型が木に貼りついてました。前脚を頭の前でそろえて枝のポーズです。

    「古河市三和ふるさとの森」の長いローラー滑り台いろんな昆虫が見られたし、そろそろ帰ろうということで、長いローラーすべり台を滑って芝生広場へ。

    「古河市三和ふるさとの森」の芝生広場この芝生広場でもまた昆虫探ししたんですけどね。暑いのに(笑)。

    ツマグロヒョウモンのオスこれはツマグロヒョウモンのオスかな?

    ツチイナゴツチイナゴですね。トノサマバッタ並みに大きいです。

    ツチイナゴ。お腹の先が二つに割れているように見えるのでメスでしょうか。そのツチイナゴを小5むすめがつかまえて棒につかまらせたところです。逃げないのが不思議。お腹の先が二つに割れているように見えるのでメスでしょうか。

    ツチイナゴの顔をズームツチイナゴの顔をズーム。やはり仮面ライダー系ですね。

    「古河市三和ふるさとの森」 トイレトイレに行こうとしたらその先に池が見えました。

    「古河市三和ふるさとの森」 池池です。また昆虫探しに良さげな場所が。

    「古河市三和ふるさとの森」 池池はこんな感じです。この右側にはせせらぎもあって散歩に良さそうです。

     この池の周辺ではトンボ以外は見つからず、気温35度前後で身体も限界なので、そろそろ帰ることにしました。

     すると駐車場付近の木をじろじろ観察する小5むすめ。
    「カミキリいた!」の声で駆けつけてみると・・・。

    ミヤマカミキリ発見!!ミヤマカミキリ発見!! これも先ほどのシロスジカミキリ並みに大きいです。本当に定規を持ってこなくて失敗しました・・・。

    ミヤマカミキリの頭部をズームミヤマカミキリの頭部をズーム。まゆ毛みたいな模様があっておもしろい顔をしてますね。

    ミヤマカミキリを正面からミヤマカミキリを正面から。ミヤマカミキリは触角が下のほうにあるんですね。シロスジカミキリは目がはっきり分かるけど、ミヤマカミキリの目はどれなんでしょう。

    ミヤマカミキリ - Wikipedia

    ■ミヤマカミキリ
    http://www.insects.jp/kon-kamimiyama.htm
    キバの手前の小さな丸いのが目なんでしょうかね。カミキリムシによって顔がぜんぜん違うなんて面白いですね。


     最後の最後でミヤマカミキリに出会えてラッキーでした。家族みんなの目で探したからこんなにたくさんの昆虫が見られたんだと思います。楽しい一日でした。またいつか行こう!



    関連:昆虫の食草・食樹ハンドブック(楽天)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    バッタも好き

    虫記事newですね。
    私はバッタも好きです。特に成虫になる直前の寸詰まりのバッタがチョロQのようでかわいらしく、好みです。
    でもこのごろはバッタ系の虫が大きくなったので、捕りやすくなりましたがかわいくなくなりましたね。
    巨大なカマキリがあちこちにすぐ見つかるのはうれしいのですが…。

    先日虫捕りに行ったところ、6月はバッタ天国だった草原がコオロギの園になっていてがっかりしました。
    コオロギはゴキブリと同じ色なのが残念です。あれがきれいな黄緑色だったら、すごく愛しちゃうかもしれないのに。
    おまえたちがバッタをモリモリ食ったのか、と思うと嫌さ倍増でした。

    バッタとコオロギ

    ゆで卵さん、コメントありがとうございます。
    寸詰まりの幼虫バッタは、なるほどチョロQみたいですね。僕もこのころの可愛いバッタが好きです。

    もしもコオロギがバッタ色だったら好きになれるのに、というのも納得。雑食性だからバッタを食べちゃうのも凶悪なイメージですね(笑)。

    • 2012/09/23(日) 06:33:32 |
    • URL |
    • uronpoi #-
    • [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1626-e99df387