遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)
  •  ・一番くじ「機動戦士ガンダム~マイルーム戦役~」で当たった賞品はコチラです。
  •  ・スズメだらけの木。何羽いるでしょうか?
  •  ・平日の鷲宮神社のようす2016
  •  ・「お静かに」のイラストを使った案内掲示をみつけました。
  •  ・エレクトーンでPPAPペンパイナッポーアッポーペン、の動画をご紹介します。
  •  ・ナナフシは脱皮すると抜け殻を食べるんです。(動画あり)
  •  ・ナナフシが葉っぱを食べるようすの動画です。
  •  ・複眼が可愛い。蝶「ヤマトシジミ」のズーム画像です。
  •  ・カヤキリ(シブイロカヤキリ)の鳴き声動画。ジーーーと鳴きます。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    抹茶味の生チョコを作ったらちょっと失敗しました。

     ロッテの手作りスイーツレシピより、デコカップチョコを作りました。のときと同じ作り方で、今回は抹茶味の生チョコを作りました。
     抹茶味にするにはただ粉末抹茶を混ぜればいいんでしょ、と調べずに適当に作ったため、ちょっと失敗してしまいました。

    当サイト関連記事:
    菓子メーカーのチョコスイーツレシピやお菓子レシピいろいろ。
    チョコバナナを作ってみたレポート。スナック菓子もチョココーティングしました。
    チョコレートのコーティング方法・レシピまとめ。



    抹茶味の生チョコの材料(ホワイトチョコレート・生クリーム・粉末抹茶)抹茶味の生チョコの材料です。ホワイトチョコレートと粉末抹茶と生クリーム。ロッテの手作りスイーツレシピなのに明治のホワイトチョコレートを使ってますが気にしないでください。行ったお店にこれしか売ってなかったんです…。

    タニタのスティック温度計TT-508で湯煎の準備こないだ買ったスティック温度計TT-508がまたまた活躍。お湯は約50度に合わせます。

    生クリーム計量ロッテの手作りスイーツレシピでは板チョコ3枚に対して生クリーム80mlなので、ホワイトチョコは2倍の6枚だから同じく生クリームも2倍の160mlにしました。

    生クリームを湯煎(スティック温度計使用)もうひとつの小さめのボウルに生クリームを投入して湯煎すると、ちょうど40度くらいになりました。以後、温度を見ながら湯煎のお湯を足します。

    ホワイトチョコを投入くだいたホワイトチョコを入れて混ぜながら湯煎します。本当は削って細かくしたほうがいいんだけど手抜き~。

    生クリームとホワイトチョコを湯煎5分くらい混ぜていたらちゃんと溶けました。

    生クリーム+ホワイトチョコ湯煎完了生クリーム+ホワイトチョコ湯煎完了。トロトロ~。

    粉末抹茶を投入(混ぜる順番が間違い)前回抹茶チョコを作ったときは溶かしたホワイトチョコに粉末抹茶を混ぜてうまくいったので、同じようにここで粉末抹茶を入れたんですが…。

    粉末抹茶がうまく溶けずにダマになるの巻。粉末抹茶がうまく溶けずにダマになってしまいました。ちょっと失敗だけど、まいっか。

    粉末抹茶の濃さを変えた2種類の抹茶生チョコ。そして容器に移して粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やすだけです。最初にスプーン1杯程度の粉末抹茶を入れたものが上段で、下段は粉末抹茶を足して濃くしたものです。

    冷蔵庫で冷やして完成した抹茶生チョコうまし。冷蔵庫で冷やして抹茶生チョコ完成。スプーンですくうとちゃんと柔らかくて生チョコになってました。抹茶の量はというと、十分おいしいですが抹茶の香りがまだこれでも弱くて、もっと濃くしてもよかったと思います。でも子どもたちは喜んで食べてました。


     抹茶粉がダマになってしまったのは、作り方がいけなかったようです。下のレシピをご覧ください。

    ■e&生チョコ【抹茶】e& by sya7ne [クックパッド]
    http://cookpad.com/recipe/732977
    生クリームを熱した時点で茶こしを使って抹茶粉をふるのか~。ホワイトチョコを溶かした後に抹茶粉を入れたからダマになってしまったようです。

     こちらのレシピのようにキューブ状にカットして抹茶粉をまぶすと美味しそうですね。また作ってみよう。昨日、このレシピの抹茶生チョコを作るために材料を買ってきました。そんなわけで今月お小遣いがピンチ~。



    関連:製菓用抹茶 粉末パウダー(楽天)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1410-64ffa849