遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・【デカイ】埼玉県久喜市にメチャ広い大型100円ショップ「ダイソー」があるんです。
  •  ・ロヂャースの189円(税抜)のメンチカツ弁当ほか、お弁当が激安な件。
  •  ・猫を飼うとしたらどんな名前にするか議論した話。
  •  ・ウリ坊を近くで見たいなら秩父「道の駅あらかわ」へ行こう。
  •  ・「道の駅あらかわ」でSLパレオエクスプレスを見てきました。(動画あり)
  •  ・一番くじ「機動戦士ガンダム~マイルーム戦役~」で当たった賞品はコチラです。
  •  ・スズメだらけの木。何羽いるでしょうか?
  •  ・平日の鷲宮神社のようす2016
  •  ・「お静かに」のイラストを使った案内掲示をみつけました。
  •  ・エレクトーンでPPAPペンパイナッポーアッポーペン、の動画をご紹介します。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    豆乳とにがりで豆腐を手作りしてみました。

     こないだスーパーでにがりがオマケに付いた豆乳をみつけて買ってきました。そんなわけで、豆乳から作る豆腐の作り方を調べて作ってみたのでご紹介します。作ってみたら意外に簡単でした。

    当サイト関連記事:
    ドングリの料理方法調べ。
    にんにく味噌の作り方とにんにく味噌を使ったレシピ
    紙コップと輪ゴムで作るギターなど「理科の実験野郎Aチーム」



     言っておかなければならないことがあるんですが、じつは手抜きをしたため、出来上がった豆腐はちょっとニガかったです…。

     それでは問題の、ちょっと失敗した豆腐手作りレポートです。

    有機豆乳勇気投入ではありません。有機豆乳です。豆腐を作るには「無調整」を選びましょう。無調整じゃないと固まらないそうです。

    にがり添付の豆乳にがり添付キャンペーン実施中でよかった。

    蒸し器での豆腐の作り方にがりの割合は豆乳500mlに対して5~7mlということなので、豆乳100mlに対してにがりは約1mlという割合と考えて良さそうです。パックに記載されているのは蒸し器を使った作り方ですが、ネットで調べたら鍋で湯煎する方法をみつけたので、その作り方で作ることにしました。

    にがり(粗製海水塩化マグネシウム)4ml添付のにがりは4mlです。にがりの成分は「粗製海水塩化マグネシウム」となってます。本当に大丈夫なのコレ?と思ってしまう名前の成分ですが大丈夫です。⇒にがり - Wikipedia

    豆乳400mlで豆腐を作る付属のにがりが4mlなので、豆乳400mlを使います。

    豆乳400mlを入れるそして豆乳をボウルにあけて。

    豆乳400ml+にがり4mlにがり4mlを全部入れます。

    豆乳400ml+にがり4mlを軽く混ぜる泡だて器で、なるべく泡立たないように軽く混ぜます。

    にがり入り豆乳を容器に入れるうつわに入れます(適当な容器がカルピスしかなかった…)。手抜きして水抜きと水にさらすことを考えてなかったので固まったらこのまま冷やして食べる気まんまんでしたが、本当は重石を使って水抜きしてよく固まったら水にさらしたほうが良いです。

    にがりを混ぜた豆乳を湯煎のようにまだトロトロ状態のにがり入り豆乳です。お湯を張った鍋にうつわを入れて湯煎状態にします。

    豆乳+にがりを湯煎状態でフタをして蒸す。しっかりフタをして湯煎します。中火~弱火で蒸す、となっているので適当に軽く沸騰している状態を保って湯煎しました。

    蒸して約15分で固まって豆腐の出来上がり泡だて器であまり混ぜない手抜きでしたが、ちゃんと固まりました。湯煎で約15分です。そして火を止めて15~20分ほど蒸らす、となってますが、蒸らさず粗熱をとってから冷蔵庫で冷やしてしまいました。何から何まで手抜きです。

    冷蔵庫で冷やした自作豆腐。出来上がりです。やはり重石をして水抜きしていないので柔らかくて崩れやすいです。それから、味が濃くて本格的な豆腐の味がするものの、ちょっとニガイ…。うつわに2つ作れたので一つは妻の分のつもりでしたが、「塩化マグネシウムの味がする」とうっかり言ってしまったため、食べてくれませんでした。軽く泣ける…。ちなみに子どもたちは好き嫌いが激しくて豆腐は食べません。

    自作豆腐+ピリ辛ラー油ごまだれこないだ買ったピリ辛ラー油ごまだれをかけて無理矢理たべましたが、やっぱりちょっと苦かったです。調べたところ水にさらすことで苦味を取るそうで、水にさらす工程は必要だったんですね。

     ということで、水が抜ける穴の開いた容器とガーゼと重石を用意せず、水抜きしなかったことと、水にさらさなかったことで、おいしい豆腐が作れませんでした。(ちゃんと全部たべましたけれども)

     でも、意外に簡単に豆腐が作れることがわかったので、また今度、市販の豆腐に負けない美味しい豆腐作りにチャレンジしたいと思います。

    天塩の天日にがりじつはにがり(天塩の天日にがり)も買ってあるのでした。また今度、ちゃんと作ろう。



     おまけです。

    ■豆腐屋の娘 : ところてん奴
    http://tofu8negi4.exblog.jp/13773484/
    豆腐の上にところてんをのせる食べ方です。おいしそうですねコレ、今度試してみよう!



    関連: 「亀山堂の天然にがり 1000ml」主成分の塩化マグネシウムは、100ml当たり24.2g含有。イオン交...(楽天)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    日本豆乳協会の広報事務局をしております河野辺と申します。
    突然、失礼いたします。日本豆乳協会では、豆乳の魅力をソーシャルメディアで発信していただく「豆乳アンバサダー」を募集しています。とても素敵なブログを運営されておられますので、是非、ご応募いただけたらと思い、コメントさせていだきました。

    一度、豆乳協会のHP(http://www.tounyu.jp/)をご覧いただけますと幸いです。

    ご応募の際は(vai@va-intl.co.jp)までよろしくお願いいたします。

    • 2011/08/18(木) 17:28:29 |
    • URL |
    • 日本豆乳協会 #-
    • [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1373-74cd4053