遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・可愛いガンダムとザクの『ガンダム大地に立つ!!』 クロマキーを駆使したコマ撮りがスゴイ。
  •  ・バレンタインカードに! スクラッチカード、ポップアップカード、マジックカードの作り方動画集。
  •  ・電車の運転士さんが警笛で挨拶したり手をふったりしてくれた動画集。
  •  ・ガンダムの曲をリコーダーで演奏してもカッコ良い。なおかつなごむ件。
  •  ・アニメやヒーロー物の曲をファミコン風8bitサウンドで再現したYouTube動画がすごい。
  •  ・どうやって撮影したの!? すごいガンプラコマ撮り動画をみつけました。(vsドム編が特にすごい)
  •  ・ものすごい圧を感じる動画みつけた。『【ようかい体操第一】まなこ氏を激しくリスペクトして妖怪ウォッチを踊ってみた』
  •  ・エフェクトがすごいガンプラ戦闘シーンのコマ撮り動画。
  •  ・義祖母の告別式の後に起きた、小さな奇跡。
  •  ・野良猫の普段の生活がちょっと分かる動画。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
        --全記事タイトル表示--

    白黒縞模様にオレンジ頭の派手な毛虫発見。フクラスズメの幼虫です。

     古代生活体験村で昆虫観察していた時に、白黒縞模様にオレンジ頭の派手な毛虫をみつけました。
     その毛虫、手持ちのイモムシハンドブックや昆虫図鑑で調べても名前が分からなかったんですが、ネットの幼虫図鑑と併用して調べたところ、やっとフクラスズメの幼虫だということが分かりました。

     気持ち悪い毛虫画像が出てくるので、苦手なかたは今のうちに避難してくださいね。

    当サイト関連記事:
    古代生活体験村をちょっと見学しましたレポート。
    蓬山フィッシングセンターで魚釣りしながら昆虫観察。ヒグラシが鳴いてました。
    那須旅行レポート生き物&植物観察編。めずらしい昆虫やニホントカゲを発見しました。



     なぜ図鑑で調べてフクラスズメの幼虫だと気づかなかったかというと、頭と尻尾とたくさんある足がオレンジ色だったのに対し、図鑑に掲載されているフクラスズメの幼虫は黒っぽい色だったからです。
     オレンジと黒の2種類の色のちがいについては、次にご紹介する幼虫図鑑サイトでよく調べたら分かったのでした。本の図鑑より詳しいとは驚きです。

    ■幼虫図鑑
    http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/
    「縮小画像で検索」が便利です。95番、96番の画像でフクラスズメの幼虫だと判明しました。
    このフクラスズメの幼虫ですが、頭・尾・足がオレンジと黒のタイプの画像があり、黒のタイプに"終齢幼虫"と解説されている画像がありました。なるほど、蛹(さなぎ)になる直前の終齢幼虫のときに黒っぽくなるんですね。
    この幼虫図鑑サイトには画像掲示版があり、何の幼虫か分からないときに画像を投稿して質問ができます。なかなかすごい幼虫画像が集まっていて興味深いです。また、図鑑内の幼虫画像についても投稿募集しています。


    ■若齢幼虫、終齢幼虫、老齢幼虫とはなんですか。早い段階のものが若齢なんだとは思いますが、厳密な定義があれば知りたいです。.. - 人力検索はてな
    http://q.hatena.ne.jp/1204253926
    補足的なリンク。幼虫の段階の名称についての質問&回答です。


     それでは、こないだお出かけした古代生活体験村でみつけたフクラスズメの幼虫の画像をご紹介します。ご飯がまずくなるのでご注意ください。

    フクラスズメの幼虫フクラスズメの幼虫です。古代生活体験村のターザンロープ付近の草むらにいました。どっちが頭なのかわかりづらいですが、上が頭で下が尻尾ですね。

    フクラスズメの幼虫こんな毒々しい模様で毛が生えているのでてっきり毒があると思っていたら無毒とは。でも手でつかむのはさすがに躊躇しますね…。

    フクラスズメの幼虫フクラスズメの幼虫を棒の先に誘導して乗せてみました。下側が頭です。足は前に6本、おなかの方に8本、そしてお尻の所にも2本あってガッチリ棒につかまってます。

    フクラスズメ - Wikipedia
    外見は毒々しいまでに派手だが、毒は持っていない。しかし人目に触れると嫌われることが多い。
    じわじわ笑えるのはナゼ。
    手持ちのイモムシハンドブックや昆虫図鑑にも書いてありましたが、指を近づけるなどすると、頭部をそらせて頭突きしてくるそうです。その動作をくりかえさせると高速メトロノーム状態になるというのだから面白い。

     ここで、以前秩父旅行に行ったときに見つけた毛虫が頭を激しく振っていたのを思い出しました。投稿したYouTube動画で確認してみたら、ドンピシャそれは同じくフクラスズメの幼虫でした。やっぱりか~。⇒YouTube - 秩父旅行ダイジェスト・梁山泊~浦山ダム

     こんな気持ち悪い毛虫ですが、おもしろい習性がわかったので、興味を持って調べて良かったなぁと思いました。今度みつけたら高速メトロノームを試してみよう。

     そんなわけで今いちばん欲しい本は、すごく高くて手が出ないんですがコレです。⇒日本産幼虫図鑑(楽天)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1282-bcba1cda