遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • うちの猫リンスコダンゴのバレンタインデーは特に何もありませんでした。
  • 御徒町「西口やきとん」で皿ナンコツ食べてホッピー飲んできましたレポート。
  • 節分に鬼になるネコの動画
  • 「肉の大山」のメンチカツ食べてから秋葉原をうろつきガンダムカフェでおみやげ買ってきました。
  • 思わず保存した役立つリンク集2018
  • クロマキーとかおじいちゃんとか駆使したガンプラコマ撮り作品の新作きた~!!
  • 上野もつ焼『大統領』テラス席からの眺めです。
  • 鷲宮神社で『1日外出録ハンチョウ』の絵馬を書いてきました。
  • そば目線の動画がジワジワくるのでぜひご覧ください。
  • 【ビクッとくる画像】おばあさんだと思った。
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    ナノブロック・シリーズのセキセイインコをダイヤブロックで再現してみました。

     ツイッターで勝間和代さんのつぶやきに「インコ完成。」とあったので何かと思ったら、Twitpicに投稿されたナノブロックで作られたセキセイインコの作品画像でした。それを見て可愛らしい出来栄えが気に入り、うちにあるダイヤブロックで真似して作ってみました。

    当サイト関連記事:
    プラレールタワーから出られないと泣き叫ぶ子どもの動画
    工作の参考になるレゴの多足ロボットの動画集
    コマ撮りストップモーションアニメのフリーソフトの使い方とアニメ作成方法



     勝間和代さんのお子さんが作ったというセキセイインコの作品画像はこちらです。

    ■インコ完成。娘作成。かわいい on Twitpic
    ã?¤ã?³ã?³å®?æ??ã??å¨?ä½?æ??ã??ã??ã??ã??ã?? on Twitpic

    ■前から見たインコ on Twitpic
    å??ã??ã??è¦?ã??ã?¤ã?³ã?³ on Twitpic

    ■うしろから on Twitpic
    ã??ã??ã??ã??ã?? on Twitpic

     配色バランスが絶妙です。遠くから見れば本物に見えるかも。鼻のピンクがいい感じですね。

     最初これらの画像を見たときは普通のダイヤブロックだと思ったんですが、ダイヤブロックより小さいサイズのnanoblock(ナノブロック)シリーズのセキセイインコが作れるセットで作られた作品だったんですね。Twitpicのコメント欄を読んで気がつきました。

    ■nanoblock|カワダ
    http://www.diablock.co.jp/nanoblock/
    ダイヤブロック公式サイトのナノブロックのページです。ナノブロックは最小サイズが4×4mmという小ささなので小さいお子さんがいる家庭では扱いがむずかしいですが、大人の趣味として良さそうですね。



     つづいて、僕がダイヤブロックで真似して作ってみたセキセイインコをご紹介します。というかセキセイインコっぽい色がなかったので「小鳥」と言ったほうがいいかな。


     ダイヤブロックの「バラエティ500」と箱庭みたいな家が作れる「ブロックハウス」のセットから薄いブロックや細いブロックを選び出して、なんとかギリギリ部品が足りました。

     ちなみにブロックハウスのセットは絶版のようです。

    ■One Leaf 手作り生活 | ダイヤブロック 「ブロックハウス」
    http://masumin.blog51.fc2.com/blog-entry-526.html
    ブロックハウスはこちらで紹介されてます。良いセットだと思うんですけどね~。絶版なのが残念です。


     それではどうぞ。ダイヤブロックバージョンです。基本的に薄いブロックを多用してます。

    ダイヤブロックで作った小鳥。本当はセキセイインコと言いたい。ダイヤブロックで組み立てた小鳥です。ナノブロック・シリーズのセキセイインコとの大きな違いは鼻の部分です。斜めにカットしたブロックがちょうどクチバシに見えるので使いました。それと配色がちがいますが、鳥に見える組み合わせの色使いができたと思います。

    ダイヤブロックの鳥を真横から。真横から見ると構造がわかりやすいと思います。尾っぽと付近の構造もナノブロックのセキセイインコとは違ってます。尾は8個のポッチがある長いブロックを使ってます。

    ダイヤブロックの鳥を斜め後ろから。斜め後ろから見るとこんな感じです。形はナノブロックのセキセイインコとほぼ同じに見えると思います。挫折しかけたのによくぞここまで…と自分をほめてみる。

    ダイヤブロックの小鳥を下から見る。尾っぽの部分の長いブロックが無い場合はつなぎのブロックを下に足せばいいと思います(黒の後ろへ)。

    ダイヤブロックの小鳥(インコ)の足の部分。足の部分です。胴体に対して斜めの取り付けなので少しズレが出来ます。

    ダイヤブロックで作ったインコの反対側は目の部分に白の細長いブロックが足らず黒を代用。反対側から見るとボロが出ますね。クチバシと目のあいだの縦長のブロック(円柱状)が白いものが無かったので仕方なく黒を使いました。ここがおしいなぁ。


     まとめです。
     パーツの数に限りがあるので、色のバランスに苦労しました。作っている途中でパーツが足りなくなりそうで「これは無理かも…」と思ったほど、ダイヤブロックで作るとパーツを選びます。でも、どうにかナノブロックのセキセイインコに近い作品に仕上がったと思います。一方、レゴブロックのことは分からないんですが、同じように作れるかもしれませんね。

     今、これがテレビの上に飾ってあります。けっこうお気に入りですよ~。



    関連:
    nanoblock コレクション セキセイインコ (Amazon)

    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1169-2f2bcffd

     

      ブログパーツ