遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • 低く飛んできた航空機の怖い動画いろいろ
  • 絶叫マシンに乗りながら気絶する人たちの動画
  • 久喜ベンチャーズの演奏動画をアップしました。(2018年・第32回久喜市民まつり)
  • 【運転席タイムラプス】JR宇都宮線 赤羽駅~上野駅
  • カップル絶叫ローラーコースター
  • こんなに凶暴だったのかよアカミミガメ(ザリガニをバリバリ食べる動画)
  • 顔より頭頂部を冷やすほうが涼しいのかも。(帽子に穴をあけてファンを取り付ける動画)
  • びっくりする赤ちゃんの動画集
  • 屋内をゆっくり飛ぶRCジャンボジェット(巨大なやつと小さいやつ)
  • 「コカコーラオリジナル 2ウェイPCグラス」自販機コカコーラで当たった景品です。
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

        --全記事タイトル表示--

    根古屋森林公園に行ってきましたレポート後編。ニホントカゲや珍しい昆虫がいました。

     栃木県の根古屋森林公園のお出かけレポート後編、生き物観察レポートです。最近僕がハマッているニホントカゲや、自宅近辺でもよく見られるニホンカナヘビも見つけましたよ。
     前編はこちらです。⇒根古屋森林公園に行ってきましたレポート前編。

    当サイト関連記事:
    穴場を探せ!! ゴールデンウィークお出かけプラン (関東)
    みかも山公園~わんぱく広場に行ってきました動画付きレポート。
    全国のフィールドアスレチックがある公園・キャンプ場リスト



     それでは、根古屋森林公園の生き物の観察記録です。画像クリックで拡大します。なお、トカゲや毛虫も出てくるので閲覧注意でお願いいたします。


     ちなみにトンボをつかまえたのは全部小2むすめです。捕虫網(虫取り網)でつかまえるのが上手なんです。

    ウスバキトンボこれはウスバキトンボかな?

    ウスバキトンボこちらもウスバキトンボだと思います。

    シオカラトンボシオカラトンボですね。

    シオカラトンボ?こちらもシオカラトンボだと思いますが、青っぽいので小2むすめは「ブルーベリートンボ」だと言っておりました。(追記)図鑑でよく調べたら「オオシオカラトンボ」だと分かりました。翅(はね)の付け根の紋が決め手です。

    ショウジョウトンボではなく、タイリクショウジョウトンボと思われます。おなかに黒いスジがあるのでタイリクショウジョウトンボだと思います・・・が、本の図鑑で調べたらタイリクショウジョウトンボは未掲載で、これに近いのはショウジョウトンボとなってます。正確なところは分からないとしておいたほうがいいでしょうか。赤色が鮮やかできれいですね。(参考⇒トンボのネット図鑑をみつけました。詳しいのでおすすめです。)

    アオモンイトトンボアオモンイトトンボかな? こういったイトトンボ系は子どもの頃は自宅近辺でよく見たけど、最近は見なくなりました。

    オオイトトンボこちらはオオイトトンボだと思います。スカイブルーがきれいですね。

    コバネイナゴイナゴ発見。正確な名称はコバネイナゴですね。子どもの頃は自宅近辺ではたくさん見られたのに、最近はまったくと言っていいほど見なくなってしまいました。

    名称不明バッタ透明感のある褐色のバッタです。名称不明。

    ヒガシキリギリスキリギリスです。正確な名称はヒガシキリギリスのようです。こないだ、ヒガシキリギリスを虫かごに入れて、小さなカエル(名称不明)を4匹ほどつかまえたので一緒に入れておいたら、カエルがいなくなってしまいました。足が2本だけ落ちていたので食べられてしまったことがわかりましたが、肉食だったとは・・・。

    ニシキリギリスこちらはニシキリギリスですね。本の図鑑には載ってなかったですがネットの図鑑サイトで見て名前が分かりました。ニシキリギリスは近畿地方~九州地方に分布しているとのことです。ここは栃木県なんですが、生息しているんですね。新発見?(参考⇒キリギリス - Wikipedia)

    オオカマキリカマキリもいました。前足の付け根が黄色いのでオオカマキリだと思います。(カマキリの関連記事⇒カマキリの卵から幼虫が孵化して生まれてきたようすをズーム写真で。)

    ルリミズアブ?ルリミズアブらしきアブが蛾をつかまえてました。花の蜜を吸うだけじゃなかったの?

    タケカレハの幼虫出ました毛虫。タケカレハの幼虫です(大人の手で大きさ比較)。学研のポケット図鑑「昆虫」(楽天)にも載ってました。むすめはこの毛虫を「ヒゲおじさん」と呼んでます。わかるような気がします。ちなみに背中の毛に毒(毒針毛)があるので注意!!

    ヨツスジハナカミキリヨツスジハナカミキリですね。こんな見たことないカミキリムシを見られるとは感動です。(珍しいカミキリムシの関連記事⇒捕ったカミキリムシをネット図鑑で調べたらニセビロウドカミキリでした。)

    アカハナカミキリこちらはアカハナカミキリのようです。

    ニホントカゲのオスがこっちみてる。ニホントカゲのオス発見!!

    ニホントカゲのオス、逃げ込む。ニホントカゲ、石垣の配水管に逃げ込む。動きが素早すぎて捕まえられませんでした。石垣は逃げ場になる隙間が多いので捕まえるのはむずかしいですね。(関連記事⇒ニホントカゲの飼い方サイトまとめ・自由研究メモ。)

    ニホンカナヘビとコオロギ草むらにはニホンカナヘビもいました。こちらは捕まえましたが、このあと逃してあげました。(自宅のカナヘビ画像あり⇒カマキリの幼虫の画像です。)

     というわけで根古屋森林公園、昆虫やトカゲなど生き物の観察をメインとしたお出かけで、子どもたちも大人の僕たちも、大いに楽しみました。今まで見たこともない昆虫を発見できてテンション上がりまくり、良い思い出になりました。根古屋森林公園はキャンプ場もあるので、いつかキャンプもしてみたいですね。



    関連:飼育と観察 (楽天)


    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://asomanaotosan.blog3.fc2.com/tb.php/1080-6e95dbd5

     

      ブログパーツ