遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。

  



 最近の記事
  • 袋インスタントラーメンの粉末スープで作った「袋麺粉チャーハン」が美味しいらしいです。
  • 虹とおっぱい雲(乳房雲)が出ました。
  • 道の駅にしかたでお土産「冷やしたい焼き」と「まろに☆えーる煎餅」を買いました。
  • コメダ珈琲のモーニングに付いてくるゆで卵に絵を描いてきました。
  • イトーヨーカドーのポッポで食べましたレポート。
  • 山田うどん栃木藤岡店で食べてきましたレポート。
  • 岩下の新生姜ミュージアムの「お絵かき水族館」でスプラトゥーンのひれおくんと写楽を泳がせてきました。
  • ガンタンクのガンプラをリモコン化しちゃった改造動画をご紹介します。
  • ガンダム公式YouTubeチャンネルで「機動戦士ガンダム」が観られます。
  • オートジャイロが飛ぶ動画をあつめました。
  •  遊んで学ぶお父さんのYouTube

      次のページ   --全記事タイトル表示--

    蓬山フィッシングセンターにて、ニンテンドー3DSのプチコン3号でプログラミング。

     高3むすめと妻と3人で栃木県佐野市の蓬山フィッシングセンターに行ってきました。中2むすこは家でゲームです。しょうがねえな(笑)。
     というわけで行ってきたわけですが、魚を釣って焼いて食べるのが大好きな高3むすめのためのお出かけなので、ヒマな僕はニンテンドー3DSを出してプチコン3号でプログラミングしました。

    当サイト関連記事:
    2018年ツイッターで「いいね」したプチコン参考ツイートまとめ
    蓬山フィッシングセンターに『笑ってコラえて ダーツの旅』の取材で所さんが来たそうです。
    蓬山フィッシングセンターでマス釣りしてきましたレポート。



     6月半ば、日曜日なのにお客さんが少ないアタリの日でした。

    蓬山フィッシングセンターに到着しました。6月半ば、日曜日なのにお客さん少ない。アタリの日でした。
    蓬山フィッシングセンターに到着しました。お客さんは3組ほどでしょうか。これならテーブル席の確保はできそうです。


    管理棟で200円を支払い竿を借ります。希望の匹数が釣れたら焼き代を支払って管理棟で焼いてもらいます。持ち帰って自分で焼くのもOKです。
    管理棟で200円を支払い竿を借ります。希望の匹数が釣れたら焼き代を支払って管理棟で焼いてもらいます。持ち帰って自分で焼くのもOKです。


    高3むすめ、コレが大好きで、休みのたびに蓬山フィッシングセンターに行きたがります。
    高3むすめ、コレが大好きで、休みのたびに蓬山フィッシングセンターに行きたがります。


    はい、イワナ釣れた~。この調子で食べたい分だけ釣ります。
    はい、イワナ釣れた~。練り餌で釣るんですが、おなかをすかせているようで簡単に釣れてしまいます。この調子で食べたい分だけ釣っていきます。


    管理棟で料金を支払って焼いてもらいます。イワナ350円、マス250円、焼代1匹ごとに100円。
    管理棟で料金を支払って焼いてもらいます。イワナ350円、マス250円、焼代1匹ごとに100円。


    僕はヒマなので自分のNewニンテンドー3DS LLを出して、プチコン3号でプログラミングをやります。
    僕はヒマなので自分のNewニンテンドー3DS LLを出して、プチコン3号でプログラミングをやります。
    関連記事:プチコンmkIIでジャンケンゲームを作りました。「ゲロップ君のジャンケンポイ」


    3DSがバグッてる風プログラムが完成したので走らせてみました。
    3DSがバグッてる風プログラムが完成したので走らせてみました。カラフルな模様が下から上に向かってスクロールしていきます。


    こちらがそのプログラムです。パソコン黎明期の頃、初心者が最初に必ずといっていいほど作っていたプログラムです(笑)。
    こちらがそのプログラムです。パソコン黎明期の頃、初心者が最初に必ずといっていいほど作っていたプログラムです(笑)。
     FOR I=0 TO 10000
     NEXT I
     の部分で表示を遅らせて昔のパソコンレベルのスピードに調整していますが、この部分を外すと速すぎてスクロールしているようには見えません。New3DSの実行速度は速いですね~。



     その動画はこちらです。

    ■ニンテンドー3DSがバグッてるようなプログラム作った。 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=hz_-XF5886E


     ほかのお客さんがいる中でプチコンプログラミング、すごい場違い(笑)。このときに見てた人はいないと思いますが、公共の場でこんなバグッてるような3DSを見たら不思議がられそうです。



     こんな感じで空き時間にプチコンをやろうと思ってカバンに3DSを入れていくようにしていますが、まとまった時間が取れないとプチコンの勉強もやる気がしないので、いまだに初心者です。過去にMSXで作ったゲームの移植とかやりたいんですけどね。
     プチコンも最新版はニンテンドースイッチ用のプチコン4になり、さらに速度も増して機能豊富でスゴいゲームが作れるようになりました。遅ればせながら自分用Newニンテンドー3DSLLを手に入れましたが、次は自分用ニンテンドースイッチをねらってます。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【プチコンmkII】テキスト文字拡大表示サブルーチンの5文字バージョンを作りました。

     先日、「蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック」より、プチコンmkIIでテキスト文字を拡大表示するプログラムを使いやすいように改変しましたが、今回は横に5文字連続して表示できるように作り直してみました。

    当サイト関連記事:
    【プチコンmkII】テキスト文字拡大表示サブルーチンを改変しました。
    プチコンmkIIでプログラムを作るときの役立ちサイト自分用メモ
    石焼き芋屋さんの売り声を3DS・DSiにしゃべらせるプログラムを作りました。



    プチコン公式活用テクニック
    こちら、「蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック」の56ページにあるテキスト文字拡大プログラムを改造しました。


    プチコンmkIIでテキスト文字拡大表示サブルーチン5文字バージョン
    プログラムを実行すると、入力した5文字までを拡大して表示します。1~4文字の場合はその数どおりの文字を拡大して表示します。また、6文字以上は画面からはみ出てしまうので表示しないようにしてあります。
    アルファベットやカタカナは8ドット(ピクセル)ずらさないで6ドットだけずらしただけでも読めるので、ギリギリ画面に5文字入ります。


    プチコンmkIIでテキスト文字拡大表示サブルーチン5文字バージョン 記号は重なってしまう。
    絵文字(記号文字)は8ドット目一杯使ったフォントなので、6ドットだけずらしただけではこのように重なってしまいます。


    プチコンmkIIでテキスト文字拡大表示サブルーチン5文字バージョン X=X+8 に直す。
    そんなわけで、45行目の X=X+6 をX=X+8 に直すと、重ならなずに表示します(赤印のところ)。その代わり横に広がってしまうので、画面には4文字までの表示が限界となります。


    プチコンmkIIでテキスト文字拡大表示サブルーチン 記号は4文字まで。
    このプログラムを汎用的に使うには、B$="アイウエオ" などとして文字列を入れて、GOSUB @DEKA として拡大表示します。INPUT "5モジマデ・・・"のところ無くして、B$="アイウエオ" などとします。


    プチコンmkIIでテキスト文字拡大表示サブルーチン5文字バージョン 例文ゴハンヨ
    使い道があまりないのが難点です。何らかのメッセージを表示するといっても5文字では限られてしまいますね。ゴハンヨ。意味不明(笑)。


     それではQRコードです。
     プチコンのQRコード読み込み機能を使って、DSiまたは3DSのカメラでQRコードからプログラムが読み込めます。
    プチコンmkIIでテキスト文字拡大表示サブルーチン5文字バージョン QRコード

     こちらがプログラムリストです。

    ’────────────────────
    ’テ゛カモシ゛5モシ゛SUB
    ’by uronpoi
    ’2014.3
    ’────────────────────

    ’─── ショキセッテイ
    VISIBLE 1,1,1,1,1,1
    CLEAR:CLS:GCLS:SPCLR
    DIM A$(5)

    ’─── モシ゛ニュウリョク
    @INPUT
    COLOR 0
    X=0:Y=8:YY=Y
    INPUT ”5モシ゛マテ゛ニュウリョク[Enter]”;B$
    L=LEN(B$)-1
    IF L>3 THEN L=4
    GOSUB @DEKA
    COLOR 0
    WAIT 180
    CLS
    GOTO @INPUT

    ’─── テ゛カモシ゛SUB
    @DEKA
    FOR I=0 TO L
     A$(I)=MID$(B$,I,1)
    NEXT
    COLOR 9
    GOSUB @MAIN
    RETURN

    ’─── カクタ゛イモシ゛@MAIN
    @MAIN
    FOR J=0 TO L
     LOCATE X,Y
     CHRREAD(”BGF0”,ASC(A$(J))),BF$
     FOR I=0 TO 63
      V=VAL(”&H”+MID$(BF$,I,1))
      IF V==0 THEN PRINT ” ”;
      IF V!=0 THEN PRINT ”■”;
      IF (I%8)==7 THEN Y=Y+1:LOCATE X,Y
     NEXT I
     X=X+6:Y=YY
    NEXT J
    RETURN



    関連:蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック(Amazon)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【プチコンmkII】テキスト文字拡大表示サブルーチンを改変しました。

     プチコンmkIIでテキストの文字を拡大表示するデカ文字表示プログラムをご紹介します。「蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック」(Amazon)の56ページにあるプログラムを改変して、LOCATE命令で好きな位置に表示できるようにしました。

    当サイト関連記事:
    プチコンmkIIでプログラムを作るときの役立ちサイト自分用メモ
    石焼き芋屋さんの売り声を3DS・DSiにしゃべらせるプログラムを作りました。
    ヤマハ音楽教室CMのレッスン曲をニンテンドーDSiに歌わせるプログラムを作りました。(プチコンmkII)



    プチコンmkII テキスト文字拡大表示サブルーチン
    プチコンmkIIを起動して編集モードでテキスト文字拡大表示サブルーチンを表示したところです。下画面はソフトウェアキーボードとなっていて、タッチでプログラムを入力します。

     実行モードでRUN[Enter]としてテキスト文字拡大表示サブルーチンを実行すると、下のようになります。

    プチコンmkII テキスト文字拡大表示サブルーチン
    1文字入力して[Enter]を押すと、画面の中央に入力した文字が拡大して表示されます。この画像の場合は、ア[Enter]と入力しました。拡大された文字は「■」とスペースを組み合わせたテキストで構成されています。
    2文字以上入力しても先頭の1文字のみ表示されます。何も入力しないで[Enter]を押すと「?Redo from start」と出るので、改めて1文字入力してください。


    プチコンmkII テキスト文字拡大表示サブルーチン
    入力できる文字は何でも拡大して表示します。このように、記号入力モードで絵文字を入力しても大きく表示します。これはUFOですね。


    プチコンmkII テキスト文字のキャラクタデータを調べる (実行モード画面)
    実行モードで「ア」の文字のキャラクタ定義情報を調べるとこのようになります。
    ASC("ア")のところで「ア」のアスキーコードが返されてCHRREAD命令によって変数A$の中に入れられます。
    それをPRINT A$[Enter]とすると、0とFが64個つながった羅列が表示されます(画面の右端で折り返して表示されますが、つながっています)。文字キャラクタは横8×縦8ドットで表わされているから64個なわけですね。そして0が空白、Fが1ドットを表わしているようです。
    BGF0というのは、BGフォントキャラクタ(テキスト文字)が格納されるキャラ名です。このように記述するもののようですので、意味は分からずとも呪文のようなものと考えれば良いと思います(僕もよく分かってないんですけどね…)。


    【QRコード】
    プチコンmkII テキスト文字拡大表示サブルーチンQRコード
     テキスト文字拡大表示サブルーチンのQRコードです。QRコードを読み込むモードでDSiまたは3DSのカメラを向けて読み込みます。

     文字をいろいろ入力してテスト出来る仕様にしたのでINPUT命令を使いましたが、このテキスト文字拡大表示サブルーチンを汎用的に使うには、プログラムの先頭の「ツカイカタ」に記載してある通り、A$="ア" など、拡大表示したい文字をA$に入れて、X=10:Y=10 など表示したい座標を入れて、GOSUB @MAIN で呼び出します。

     そんなわけで、そのほかにこのプログラムで必要な部分は「カクダイモジ @MAIN」から下の部分です。
     プログラムの最後から3行目の「 IF (I%8)==7 THEN 」のところでは、Iの数値を8で割って余りが7になるときにY=Y+1で改行しています。僕が改変して付け足したのは、この Y=Y+1:LOCATE X,Y と、@MAIN の次の行の LOCATE X,Y だけで、ほとんどはプチコン公式活用テクニック 56ページにあるプログラムそのままです。

     このテキスト文字拡大表示サブルーチンの使い道としては、インパクトある大きな文字でメッセージを表示したり、タイマーや時計のプログラムを作るときの時間表示に使ったり、記号文字を大きなキャラクタとしてゲームに登場させるなど、いろいろあると思います。


     テキスト文字拡大表示サブルーチンのプログラムリストです。

    ’────────────────────
    ’テ゛カモシ゛SUB
    ’カイヘン by uronpoi
    ’2014.3

    ’X,Y= 1モシ゛ヒョウシ゛スル サ゛ヒョウ
    ’ツカイカタ
    ’A$=”ア”
    ’X=10:Y=10
    ’GOSUB @MAIN
    ’END
    ’────────────────────

    ’─── ショキセッテイ
    VISIBLE 1,1,1,1,1,1
    CLEAR:CLS:GCLS:SPCLR

    ’─── モシ゛ニュウリョク
    @INPUT
    COLOR 0
    X=12:Y=10
    INPUT ”1モシ゛ニュウリョク[Enter]”;B$
    A$=MID$(B$,0,1)

    ’─── 1モシ゛カクタ゛イヒョウシ゛シテ クリカエシ
    COLOR 9
    GOSUB @MAIN
    COLOR 0
    WAIT 180
    CLS
    GOTO @INPUT

    ’─── カクタ゛イモシ゛@MAIN
    @MAIN
    LOCATE X,Y
    CHRREAD(”BGF0”,ASC(A$)),BF$
    FOR I=0 TO 63
    V=VAL(”&H”+MID$(BF$,I,1))
    IF V==0 THEN PRINT ” ”;
    IF V!=0 THEN PRINT ”■”;
    IF (I%8)==7 THEN Y=Y+1:LOCATE X,Y
    NEXT I
    RETURN



    ■プチコンmkII
    http://smileboom.com/special/ptcm2/
    近々、プチコン3号(仮称)が公開されるそうですが、今回ご紹介したプログラムが必要ないぐらい、簡単なコマンドで拡大縮小が出来るようになるのではないかと予想しています。楽しみですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

      次のページ

      ブログパーツ