遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・マブチモーターの回転数をコントロールする方法調べ(中国製スピードコントローラで安く実現できました)
  •  ・猫用かぶりものがいろいろありすぎる件。
  •  ・デジカメのハイスピード撮影で大失敗の話。
  •  ・【自作】うちにあるニンテンドースイッチはこちらになります。
  •  ・大江戸線で東京タワーに行ってクレープ食べて帰ってきました。
  •  ・回旋塔ほか、8ミリフィルムカメラで撮影された「昭和の小学校校庭の遊具」の動画
  •  ・【ハンバーガーうまそう】世界一ハンバーガーをおいしそうに食べる1歳児が8歳になるまでの動画集。
  •  ・早く回しすぎだろ(笑)。世界各地の高速回転な観覧車をごらんください。
  •  ・きかんしゃトーマスのチューイングキャンディの包み紙を見てみよう。
  •  ・ゾンビが這うオモチャがおもしろい。(動画あり)
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
      次のページ   --全記事タイトル表示--

    マブチモーターの回転数をコントロールする方法調べ(中国製スピードコントローラで安く実現できました)

     マブチモーターを使う工作アイデアがいくつかあり、動作を速くしたり遅くしたりする為、モーターの回転スピードをコントロールしたいと思っています。そんなわけで「マブチモーターの回転数をコントロールする方法」を調べてみたんですが、あっさり解決しました。

    当サイト関連記事:
    【夏休みの工作】小6むすこが『首ふり扇風機』を作りましたレポート。(作り方手順と動画)
    太陽電池でプラレールを走らせる実験です。
    自動うちわマシンを作りました。



     マブチモーターの回転数をコントロールする方法を調べて出てきたページをご紹介します。

    ■モーターの回転速度を制御したい -乾電池2本あるいは3VのACアダプ- その他(ホビー) | 教えて!goo
    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3188870.html
    最初、小型ボリュームという部品をつなげばできるかなと思いましたが、そう簡単にはいかないようです。小型ボリュームは焼き切れてしまうので、制御する回路が必要とのこと。


    ■マブチモーターの回転数をコントロール
    http://www006.upp.so-net.ne.jp/pipio/papa0044.html
    解決にはいたりませんでしたが、途中でさしこまれる食事とインコの画像にウケたのでご紹介(笑)。


    ■PWM with Forward and Reverse. Finally!!! DC motor Speed controller. Simple Circuit. - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=ZD-7GjnNkpg
    DCモーターのスピードコントローラーの作り方動画です。半田ごてで電子工作します。


    ■PWM for HEAVY LOADS!!! Simple Circuits. - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=oTV2OqD29w8
    こちらも同じく電子工作で作る方法です。


     これらのページを見て、電子部品とか買って自作するしかないのかなと思っていたら、モジュールというんですか、完成品が販売されているのを見つけました。

    ■DCモータ・コントローラキット DC Motor Controller 2PK2400: 組立キット 秋月電子通商 電子部品 ネット通販
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00908/
    電池4本用なので6Vで動作するようです。


    ■共立プロダクツ事業所/ワンダーキット/DCモータコントローラSP/DCC-06SP/4900474019590
    http://prod.kyohritsu.com/DCC-06SP.html
    正転/逆転の切替ができるタイプですが価格が高めです。共立エレショップには在庫が無いようですが、楽天市場でみつけました。
    共立電子 DCモータコントローラキットSP:DCC-06SP(楽天)


     そして、Amazonでみつけてしまった格安なDCモーター(直流モーター)スピードコントローラです。
    SODIAL(R)DC 6V-12V 6-10A用のスイッチ速度レギュレータのPWMスピードコントローラDCモータ(Amazon)
    関東への配送料無料で400円以下と、かなりの格安です。中国製で中国発送ですが、注文したら10日前後でちゃんと届きました。

     でもコレ、電圧が6V~12V用なんです。これから使おうとしているマブチモーター「RE-260RA」は使用電圧範囲が1.5~3.0Vなのでモーターが焼けないか心配ですが、短時間だけテストしてみることにしました。


    Amazonで注文した中国製・中国発送のDCモータースピードコントローラが届いたので、このシステムでテストしたいと思います。
    Amazonで注文した中国製・中国発送のDCモータースピードコントローラが届いたので、このシステムでテストしたいと思います。黒い四角のデジタル表示のやつは、同じくAmazonで買った電圧計です。


    こちらが中国製のモータースピードコントローラです。説明書はありませんでした。
    こちらが中国製のモータースピードコントローラです。説明書はありませんでした。価格は400円以下です。関東は送料無料。安すぎる・・・。


    6-12Vと記載されているところに電池ボックスからのプラスの配線をドライバーでしめて配線します。隣はマイナスの配線です。その右の2つは順にモーターのプラスとマイナスをつなげます。
    6-12Vと記載されているところに電池ボックスからのプラスの配線をドライバーでしめて配線します。隣はマイナスの配線です。その右の2つは順にモーターのプラスとマイナスをつなげます。


    配線して、このようになります。黒い四角のデジタル表示のやつは、同じくAmazonで買った電圧計です。
    配線して、このようになります。


    モータースピードコントローラの配線はこのようになっています。左から、電池ボックスのプラス・マイナス、モーターと電圧計のプラス、マイナスです。
    モータースピードコントローラの配線はこのようになっています。左から、電池ボックスのプラス・マイナス、モーターと電圧計のプラス、マイナスです。


    RE-260RAの使用電圧範囲は1.5~3.0Vで、電池ボックスは6Vなので、オーバーしてしまいます。そんなわけで短時間のテストとしました。
    RE-260RAの使用電圧範囲は1.5~3.0Vで、電池ボックスは6Vなので、オーバーしてしまいます。モーターの説明書には「この範囲より高い電圧で使うと過度に発熱したり、寿命が短くなったりします。」とあります。そんなわけで短時間のテストとしました。

    ■マブチモーターRE-260RAの回転速度制御テスト(中国製・中国発送のDCモータースピードコントローラ) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=UJuKGNqfgZs


     このように、安い装置をマブチモーターにつなげるだけで、簡単になめらかな速度制御が出来ました。



     スピードコントローラ以外の部品は下の3つを使用しました。

    uxcell 電池ボックス 電池ホルダー 単3電池ケース 5個入り ブラック ABS 53×50×12mm 4×1.5V単3電池用 単3形*4本 6V用 (Amazon)
    5個入りでこの価格は安い。中国製・中国発送ですが10日前後でちゃんと届きました。

    KKHMF 赤 DC3.2V-30V デジタル電圧計 適用6V 12V 電気自動車オートバイ(Amazon)
    こちらも中国製で中国発送ですが同じく10日前後で届きました。

    モーター RE-260RA(Amazon)
    マブチモーターはAmazonでは価格が高いようです。

    ■マブチの工作用モーター | Let's Motorize!
    https://www.mabuchi-motor.co.jp/motorize/branch/motor/


     あとになって、電圧3Vから作動するスピードコントロールを探しあて、またまた注文しました。不良品が含まれる可能性も考えてという意味もありますが、安いこともあって、3つも。何かの工作で使いたいと思います。
    Rasbee 5Aミニ DC モータ PWM 速度コント ローラー 3V-35V スピード コントロール スイッチ LED 調光器 1個 [並行輸入品] (Amazon)



     以上、中国製・中国発送のスピードコントローラーでマブチモーターの回転速度制御テストを行なったようすをご紹介しました。いろんな工作に応用できそうです。ちなみに僕はこんな電子部品をいじる実験が大好きです。テンション上がる。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゾンビが這うオモチャがおもしろい。(動画あり)

     YouTubeでおもしろいオモチャを見つけたのでご紹介します。電動で這うゾンビ人形です。振動や音をセンサーで感知すると20秒間ほどうめきながら這います。

    当サイト関連記事:
    シャツ引っぱるな2017 お化け屋敷に入ってきましたレポート。イオンモール佐野新都市/道の駅どまんなかたぬま
    久喜高校の文化祭に行ってきました。お化け屋敷はどんな感じだったかレポート。
    歩き回る恐怖の手首「運命の手」のレビューと動画



    ■這う ハイハイ ゾンビ① - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=0O3zZIOcI88


     うまい具合に廊下のかどを曲がってこちらに這ってきましたね(笑)。このゾンビはけっこう大きな人形で、手から足までの長さが約1メートルもあるのでリアルな不気味さが感じられるようです。

     仕組みはよくあるクランク機構を利用していると思われます。よく見ると腕だけ動くのではなく、足も連動して動いて這う仕組みになっているようです。

     こちらの2つの4足歩行ロボットの動画にあるような仕組みかなと思います。
    ■4足歩行(てこクランク機構) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=p2ZQLmhfcW8

    ■1モーターリンクロボット 4足歩行β型 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=OKC6tgoFRP4


     こうして仕組みを想像していると、いつものクセで夏休みの自由工作のことを考えてしまいます。この這うゾンビ人形を真似して作ったらウケるだろうな~。



     以上、たまたま見つけた「這うゾンビ人形」をご紹介しました。角を曲がってこっちに這ってくるようすは絶妙でしたね(笑)。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【夏休みの工作】小6むすこが『首ふり扇風機』を作りましたレポート。(作り方手順と動画)

     【夏休みの工作】首振り付き扇風機の作り方参考動画を集めました。でお知らせしたとおり、小6むすこが「首ふり扇風機」を作ったので、完成した作品の詳細と、首ふり扇風機を動かしてみたようすの動画をご紹介します。

    当サイト関連記事:
    【夏休みの工作】小5むすこがハンディ掃除機を作りましたレポート。(作り方手順詳細)
    夏休みの工作に節電グッズ「手動扇風機」はいかが?
    太陽電池でバカ工作。「あおがなくても涼しいウチワ」を自作しました。



     カッターナイフなど刃物の取り扱いには注意してくださいね。

    小6むすこ作、夏休みの工作の宿題 『首ふり扇風機』です。
    小6むすこ作、夏休みの工作の宿題 『首ふり扇風機』です。


    ちなみにこの上手な設計図はお父さん(僕)が描きました。扇風機の仕様は、海外の工作動画を参考にというより、ほぼ真似ですが(笑)。
    ちなみにこの上手な設計図はお父さん(僕)が描きました。扇風機の仕様は、海外の工作動画を参考に、というよりほぼ真似ですが(笑)。


    まずは土台から。板をノコギリで切ってスノコのような台を作ります。
    まずは土台から。板をノコギリで切ってスノコのような台を作ります(画像は組み立て前)。今回の工作のほとんどは、接着剤はホットボンド(グルーガン)を使いました。接着が強力で乾くのも早くて工作スピードが上がるので便利ですね。


    1.5リットルのコーラのペットボトルを利用して扇風機の「羽根」を作ります。まず、飲み口から10cmぐらい下のナナメ部分が終わっている平行な部分で、メンディングテープを一周巻きます。
    1.5リットルのコーラのペットボトルを利用して扇風機の「羽根」を作ります。まず、飲み口から10cmぐらい下のナナメ部分が終わっている平行な部分で、メンディングテープを一周巻きます。
    円周を測るために使うだけなのでセロテープでもかまいませんが、メンディングテープのほうがペンで書き込みしやすく剥がしやすいので便利です。


    メンディングテープを剥がして長さを測ります。1.5Lコーラのペットボトルの円周は約30cmであることが分かりました。それを三等分して印を書きます。
    メンディングテープを剥がして長さを測ります。1.5Lコーラのペットボトルの円周は約30cmであることが分かりました。それを三等分して印を書きます。


    はがして三等分の印を書いたメンディングテープをまた同じ場所に貼ります。
    はがして三等分の印を書いたメンディングテープをまた同じ場所に貼ります。そして印のところから飲み口に向かって線を書きます。


    メンディングテープの三等分の印から飲み口までペンで線を書き込みます。これを、飲み口を中心に回る扇風機の羽根として工作するわけですね。
    三等分の線が書けました。これを、飲み口を中心に回る扇風機の羽根として工作するわけですね。


    猫っていつもジャマしますよね。
    猫っていつもジャマしますよね。


    チラシの裏に「扇風機の羽根っぽい形」を描いて切り抜き、それを型紙にして3枚の羽根を描きました。
    チラシの裏に「扇風機の羽根っぽい形」を描いて切り抜き、それを型紙にして3枚の羽根を描きました。


    ハサミやカッターナイフで羽根の形に切り抜き、ぐわっと広げて、扇風機の羽根らしい形になりました。
    ハサミやカッターナイフで羽根の形に切り抜き、ぐわっと広げて、扇風機の羽根らしい形になりました。


    さらにクセを付けて、回転すると風が起こるように、3枚それぞれを同じぐらいの角度でナナメに曲げます。
    さらにクセを付けて、回転すると風が起こるように、3枚それぞれを同じぐらいの角度でナナメに曲げます。
    僕が少しコンロの火であぶって曲げてみましたが、火であぶらなくてもそのまま手で曲げるだけでも大丈夫なようだったので、そのまま手で曲げる方法をおすすめします。


    このようにナナメに曲げます。
    たっぷり空気を拾い上げるような形で、このようにナナメに曲げます。


    失敗作の羽根
    ちなみにコレは予備として僕が作った失敗作です。もし小6むすこが失敗したら僕が作った羽根を使おうと思って工作していたら自分が失敗して裂けてしまいました。
    飲み口の近くは厚みがあるので、カッターナイフで切るのは加減が難しいです。この部分はハンダゴテで溶かしながら切る方法が良いかもしれません。


    参考にした海外の工作動画ではこのように飲み口のネジ部分を切断しているので真似しました。ここにキャップの上面を切り取ったものをまた接着します。
    参考にした海外の工作動画ではこのように飲み口のネジ部分を切断しているので真似しました。ここにキャップの上面を切り取ったものをまた接着します。モーターの軸から羽根までが長いと重さが負担になるかも、という配慮だと思いますが、切り取る必要はなかったかもしれません。


    写真撮り忘れのため説明をすっ飛ばしますが、羽根をモーターにつなげてこのようになります。青いキャップは飾りで付けました。
    写真撮り忘れのため説明をすっ飛ばしますが、羽根をモーターにつなげてこのようになります。青いキャップは飾りで付けました。


    キャップに穴を開けてモーターの軸を差し込み、グルーガンで固めました。羽根からモーターまでの距離を短くしたいために飲み口部分とキャップを加工しましたが、ネジ部分を切らなくても大丈夫だったかもしれません。
    キャップに穴を開けてモーターの軸を差し込み、グルーガンで固めました。羽根からモーターまでの距離を短くしたいために飲み口部分とキャップを加工しましたが、ネジ部分を切らなくても大丈夫だったかもしれません。


    タミヤスプレー使用。ホワイトで塗ってからブルーを塗ると、発色が良いです。お金が掛かってます(お父さんのお小遣いより)。
    タミヤスプレー使用。ホワイトで塗ってからブルーを塗ると、発色が良いです。お金が掛かってます(お父さんのお小遣いより)。前面に付けた飾りのキャップは、接着のときに傾きが抑えられるかなと思って切り込みを入れました。これも「普通にキャップをそのまま接着すれば良かったかも」的な作業でした(笑)。


    「首ふり機構」の工作に進みます。

    インクが固まって書けなくなったボールペンを分解。そして、100円ショップで買った大きめサイズのネジが入るか確認します。
    インクが固まって書けなくなったボールペンを分解。そして100円ショップで買った大きめサイズのネジが入るか確認します。


    ボールペン本体の筒に、このようにネジが余裕で入ることが分かり、材料に使うことに決定しました。
    ボールペン本体の筒に、このようにネジが余裕で入ることが分かり、材料に使うことに決定しました。


    ボールペンの先端は必要ないので切り落とします。
    ボールペンの先端は必要ないので切り落とします。


    そして「短い筒」の部品として切り取って、ギヤボックスの「クランクアーム」として接着します。下の部分は、3本の鉛筆を柱として接着しています。
    そして「短い筒」の部品として切り取って、ギヤボックスの「クランクアーム」として接着します。下の部分は、3本の鉛筆を柱として接着しています。


    ミニモーター低速ギヤボックス 4速
    以前もご紹介した、タミヤ『ミニモーター低速ギヤボックス 4速』です(モーター付き)。夏休みは僕のお小遣いの減りが激しいのが不思議でしたが、あとでブログを見直してみると納得するのでした。
    関連:タミヤ 楽しい工作シリーズ No.189 ミニモーター低速ギヤボックス 4速(Amazon)


    オレンジ色で表記された所が『ミニモーター低速ギヤボックス 4速』で設定できるギヤ比です。「661.2:1」の比率が、首ふりにちょうど良いです。
    オレンジ色で表記された所が『ミニモーター低速ギヤボックス 4速』で設定できるギヤ比です。「661.2」のギヤ比が、首ふりスピードにちょうど良いです。ギヤボックス本体も小さくて作品に組み込みやすいので助かりました。


    また説明をすっ飛ばしますが、首ふりの仕組みが出来ました。羽根とモーターを支える柱として、6本の鉛筆を使っています。
    また説明をすっ飛ばしますが、首ふりの仕組みが出来ました。
    羽根とモーターを支える柱として、6本の鉛筆を三角形に配置しています。こちらの画像、左端の鉛筆を短く切ってネジと六角ナット2個を接着、それからボールペンの筒で作った「T字を横向きにしたような部品」と羽根のモーターを接着して、それをネジの所にさし込みます。
    そして、ギヤボックスに付けた筒と、T字型の筒に、コの字に曲げた針金を通します。針金が水平になるように、羽根とギヤボックスのそれぞれの柱である鉛筆の長さをノコギリで切って調整しましょう。
    「羽根のモーターとギヤボックスの位置関係」と「針金の長さ」によって、首ふりの傾きが良い感じになったりあまり動かなかったり、動ける許容をオーバーして故障しかけたりします。スイッチを入れる前に針金を手で持って、ギヤボックスの回転範囲を手で追ってみて首ふりの加減を確認すると良いです。


    ギヤボックスのクランクアームの役目をする円盤だけでは首ふりの間隔がせまいので、筒を接着して間隔を広げたというわけです。上から見るとこのようになっています。ギヤボックスのクランクアームの役目をする円盤だけでは首ふりの間隔がせまいので、筒を接着して間隔を広げたというわけです。針金は100円ショップで見つけた太めのアルミ針金です。


    ペットボトルのカーブの形状が風力を得るのにちょうど良いようで、けっこう涼しい風が来ます。首ふり速度も良好です。というわけで完成。羽根の回転モーターとギヤボックスのモーター用にスイッチ付き電池ボックスを2つ用意しました。配線ケーブルは工具箱に見つからず、仕方なく100円ショップ製ニンテンドー3DS用のUSB充電ケーブルを切って使いました。それを見て騒ぎ出す小6むすこにウケた(笑)。中にプラスとマイナス用に2本の配線が入っているのでちゃんと使えました。


     以上、ペットボトルで作った羽根を利用した『首ふり扇風機』の作り方をご紹介しました。参考になったでしょうか。ギヤボックスなど出費がありますが、廃材のペットボトルや使わなくなった高1むすめのお古の鉛筆を材料にしているので、むりやり「リサイクル工作」と言えるかもしれません(笑)。

     首ふり扇風機を動かしているようすの動画があるのでご覧ください。

    ■「首ふり扇風機」を作りました。(小6むすこ作) - How to Make a Revolving Table Fan - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=LxUezkz-Kh4



    動画内の音楽は、著作権フリーの無料音楽素材ダウンロードサイト「ミュージックノート」より、「もやもや」(カテゴリ:日常・学園・恋愛系)をお借りしました。ありがとうございました。
    ■ミュージックノート
    http://www.music-note.jp/


     ペットボトルのカーブの形状が風力を得るのにちょうど良いようで、けっこう涼しい風が来ます。ご覧のとおり、首ふり速度も良好で、それっぽい扇風機が出来上がりました。
     小6むすこに聞いたところ、「見た感じ難しそうだったけどやってみたらそれほどでもなかった」という感想でした。「扇風機+首ふり機能」でインパクトのある工作、おすすめです。

     今度はお父さんが趣味で自動うちわマシンを首ふり機能付きに改造しようかなと思っています。



    関連:防刃手袋 防刃 軍手 切れない手袋 耐切創手袋レベル5 耐刃手袋 カットガード 防刃てぶくろ 作業用手袋 滑り止め 背抜き手袋 作業用グローブ (L)(Amazon)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

      次のページ