遊んで学ぶお父さん

楽しい遊び、工作、実験、自由研究、学習教材など、遊んで楽しみ、学べるサイトを紹介します。



    最近の記事
  •  ・こないだの変な雲の画像(地震雲ではありません)
  •  ・冷凍食品で家呑み豪遊
  •  ・冷凍食品でコロッケそば食べた。
  •  ・チキンラーメンとカレーうどんを食べました。
  •  ・ツイッターで話題になっていた「トウモロコシごはん」を飯ごうで炊いてみました。
  •  ・キッズ達が大人をだます!! 平和なおもしろドッキリ動画集。
  •  ・暑くてのびたネコ、うちのリンスコダンゴはこちらになります。
  •  ・100円ショップで買った「ソーラー充電式LEDキーチェーンライト」にがっかりした話。
  •  ・高2むすめがゲットしたトンボは「ニホンカワトンボ」でした。
  •  ・「マイクラ荒らし動画」に爆笑してしまいました。
  • 遊んで学ぶお父さんの動画 - YouTube
      次のページ   --全記事タイトル表示--

    スパイダーマンのカップ麺「すぱいだぁ麺!!」を食べましたレポート。

     昨年、妻と高1むすめと小6むすこの3人と妻の友達とお子さんで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行きました。僕は仕事のため留守番です。そのときのお土産はいろいろありましたが、これはなかなかイラッと来るお土産でした。スパイダーマンのカップ麺「すぱいだぁ麺!!」です。おなかがすいたので食べてみました。

    当サイト関連記事:
    インスタントラーメン『もちもちの木』と『マルちゃん正麺』と茶碗蒸しを食べたときのようすです。
    久喜高校の文化祭でラーメンと焼きそばを食べてきましたレポート。
    4種類のカレー味カップめん食べくらべ。中1むすめに一番おいしい銘柄を決めてもらいました。



    すぱいだぁ麺!!
    すぱいだぁ麺!! だってよ。


    すぱいだぁ麺!!
    すぱいだぁ麺!! しょうゆ味 スープの決めては8種のすぱいすだよ!


    スパイダーマンなると入り!! すぱいだぁ麺!!
    スパイダーマンなると入り!! すぱいだぁ麺!!


    すぱいだぁ麺!!
    出来上がったすぱいだぁ麺!!


    スパイダーマンなると入り!! すぱいだぁ麺!!
    スパイダーマンなると入り!! すぱいだぁ麺!!


     どうですかイラッと来ましたか。味はまあまあでした。



    関連:【USJ限定】 『 すぱいだぁ麺 しょうゆ味 』 3食セット(Amazon)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    双発ゴム動力飛行機の動画と参考サイト集

     そういえば双発ゴム動力飛行機を紹介しているサイトを見たことがあったなぁと思い出して探してみました。その時の記憶のページは見つかりませんでしたが、双発ゴム動力飛行機を飛ばしている動画やシブい関連サイトを見つけたのでまとめてご紹介したいと思います。

    当サイト関連記事:
    ゴム動力ヘリコプターの作り方動画
    羽ばたき飛行機の作り方調べ。材料と道具は何が必要?
    ライトプレーン(ゴム動力飛行機)をラジコンに改造する方法



    ■Winding A Rubber-Powered Twin - Start To Finish - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=QYAg3EO42zM

    鮮やかな素晴らしい飛行です。2つのプロペラそれぞれにゴムがあるので、同じ強さでゴムを巻く必要がありますね。


    ■Rubber-Powered Hodek HK-101 - Start to Finish - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=bQcPZXtFVVw

    設計図段階から製作のようすまで。こちらも見事な飛行ですね。


    ■Rubber powered twin engine free fright air plane - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=3TKl0TJSYgo

    こちらはゴム動力ではないのかな? 2つのプロペラを連動させた軸に巻いたヒモを引っぱってプロペラを回転させるような仕組みでしょうか。


    ■夢の模型飛行機 平城宮ライトプレーン大会レポート
    http://kit01.blog15.fc2.com/blog-entry-361.html
    ライトプレーン大会のようすです。ベルト駆動型のゴム動力双発機が紹介されています。1本のゴムを巻くだけで2つのプロペラに平等に力が伝わるので安定して飛ぶのではないでしょうか。すごいですね。


    ■模型飛行機とのつきあい60年
    https://www.jsme.or.jp/fed/Old/newsletters/2003_12/04/04.html
    ページの最後のほうで、双発ゴム動力飛行機の図面が紹介されています。1本のゴムで2つのプロペラを回せる設計です。メインのシャフトから増速比1:2でギヤに伝え、自作のユニバーサルジョイントを介してプロペラシャフトを回すようになっています。これはすごい。この「ユニバーサルジョイント」は、レゴブロックにも同じようなパーツがありますね。
    LEGOブロック・純正パーツ<テクニック・コネクタ>Universal Joint 3L (5個, Light Bluish Gray) [並行輸入品] (Amazon)
    レゴではない金属のユニバーサルジョイントもAmazonで探すとたくさん出てきます。くの字に曲がって角度がついている軸同士の回転が伝わる便利な部品です。


    ■WEB版「航空と文化」  歴史に見る模型飛行機の顔さまざま (2) 英国紳士の遊び 大村 和敏
    http://www.aero.or.jp/web-koku-to-bunka/2010.04.15omura.htm
    1913年頃にイギリスでブームになったA字型模型飛行機とT字型模型飛行機(共に双発機)の紹介です。2本のゴムを均等に巻くための専用ワインダーが市販されていたそうです。なかなかディープなブームだったんですね~。


     以上、双発ゴム動力飛行機の動画と関連サイトをご紹介しました。ユニバーサルジョイントを使用する図面ほか製作の参考になるページがけっこうあってよかったです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゴム動力ヘリコプターの作り方動画

     手持ちの発射台で飛ばすおもちゃのヘリコプターがありますが、テールローター(尾部のプロペラ)が無いので機体がプロペラと反対方向にクルクル回ってしまうという「おもちゃっぽさ」があります。
     これからご紹介するのは、テールローターも回転して、反トルクを打ち消して機体の向きをほぼ変えずにキレイに飛ぶ、ゴム動力ヘリコプターの作り方動画です。

    当サイト関連記事:
    羽ばたき飛行機の作り方調べ。材料と道具は何が必要?
    ゴム動力「羽ばたき飛行機」キットを組み立てて遊んできました。動画あり。
    よく飛ぶ紙飛行機、模型飛行機を作るための、すごいツール発見。



     プーリー(滑車 - Wikipedia)を利用して、メインローターの回転を尾部のテールローターに伝えています。

    ■How to Make a Wooden Helicopter that Fly - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=sV5EFlAmfIA


     メインローターの回転速度をそのままテールローターに伝えてしまうと、反トルク(プロペラと逆方向に回ろうとする力)を打ち消すことが出来ずに機体もクルクル回ってしまうので、プーリーの径やテールローターの大きさと角度を調整する必要があります。でもそれを上手に調整して飛んだときは達成感が大きいでしょうね~。

     工作に使っている材料は、アイスキャンディの棒やバルサ材などの軽い素材、ストロー、ピアノ線、輪ゴム、ビーズ、プーリー、こんなところでしょうか。プーリーは市販のタミヤのプーリーセットを使ってもいいし、ボール紙などで手作りしてもいいと思います。
    タミヤ 楽しい工作シリーズ No.141 プーリー Lセット(Amazon)
    タミヤ 楽しい工作シリーズ No.140 プーリー Sセット(Amazon)



     こちらは日本の方の動画です。作り方は紹介されていませんが、ヘリコプター模型の外観が参考になります。

    ■ややマシなゴム動力ヘリコプター(まとめ編集版) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=8ZbfhNEOMow

    機体の向きをほとんど変えずにきれいに飛んでいますね。調整が大変だったことだろうと思います。地味に飛んでいるように思われるかもしれませんが、これはすごい。


     以前に当ブログでゴム動力ヘリコプターの作り方サイトをご紹介したことがありますが、残念なことにほとんどサイトが消滅してしまっています。
     残っているサイトのこちら、名刺サイズゴム動力ヘリコプターの作り方解説ページをごらんください。

    ■試行錯誤名刺ヘリ3号
    http://www.geocities.jp/micropaperplane/meisiheri3big.htm
    クリップでバランス調整するなど苦労が見られます。これで飛ぶんだからスゴイ。
    プーリーは紙で作ったそうです。軽い素材で、瞬間強力接着剤の力も借りて丈夫な機体を作るのがコツのようですね。



     もう21世紀だというのにこのようなおもちゃが見当たらないですが、逆に21世紀だからとも言えるんでしょうかね。興味がコンピュータゲーム寄りな現在の子どもたちには、こんなゴム動力ヘリコプターを作ってもらいたいものです。学校教材キットが出来れば授業が楽しそう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

      次のページ